2010年04月22日

過去5年間運用成績ランキング中国株投信が独占

外国株でせ運用する投資信託の
過去5年間の運用成績をランキングしたところ
中国株投信が上位を独占したようです。

リーマンショックなど山谷があったにせよ
やはりここ5年間で見ると中国株の株価上昇はすごかったということですよね。

今は次なる中国株と同様の成長が見込める
新興国株投信が人気のようですよね。

特に注目されているのがブラジルとインドといったところですよね。

果たして中国株のように
5年後10年後確実に経済成長し
多くのリターンをもたらしてくれるでしょうか。

いずれにせよ、今後何十年かは
現在の新興国が経済成長を担っていくようになるのでしょうね。

------------------------------------------

 主に外国株式で運用するタイプの投資信託の過去5年間の運用成績(3月末時点)をランキングしたところ、中国株を組み入れた投信が1位から10位までを独占した。中国の高い経済成長への期待から、期間中は中国株が上昇基調にあったうえ、リーマン・ショック後の立ち直りも早かったことが基準価格の上昇につながった。

 1位は「JFチャイナ・アクティブ・オープン」(JPモルガン・アセット・マネジメント)。危機後の立ち直りが早いと判断し、金融関連株に早期から投資したことが奏功。内需拡大を見込んで不動産や小売業の株式を組み込んだことも基準価格の上昇に貢献した。

(日本経済新聞 - ‎2010年4月21日)
--------------------------------------------------

3秒審査のアコムは三菱東京UFJ銀行系キャッシングカードローンで即日融資も可能です。

レオス・キャピタルワークスのノーロード投資信託「ひふみ投信」は積立できる日本株と外国株のバランス投信です。
posted by Mr.投資信託やってます at 00:42 | TrackBack(0) | 日記

2010年04月06日

注目が高まっているインドネシア株投信、りそな銀行が販売へ

インドネシアがBRICsに続く新興国として
注目度が高まっていますよね。
確か「チャイドネシア」という新しい呼び名で
その有望さを表していたニュースを読んだ記憶があります。

そのインドネシア株へ投資する投信を
りそな銀行が大手銀行としてははじめて販売するようです。

将来的に大きなリターンを期待して
多少リスクは高いですがインドネシア株投信へ
資金の一部を投資してみても良いのかも。

-----------------------------------------------

 りそな銀行が今月中に、インドネシア企業の株式を投資対象とする投資信託の発売に乗り出すことが2日、明らかになった。インドネシアは世界4位の人口や豊富な資源から今後の成長が期待されているが、大手銀行による投信発売は初めて。

 りそなは、旧大和銀行時代の1958年に日本とインドネシア間では初の合弁銀行を現地で創業しており、蓄積したノウハウと情報網を生かして投信を運用する。

 インドネシアはスズやニッケルなど鉱物資源に恵まれている。また同国では電力需要が高まっており、政府は石炭の生産量を今後5年間で40%以上増加させる計画で、資源開発会社などが投資先として有望視されている。

(MSN産経ニュース - ‎2010年4月2日‎)
-------------------------------------------------

東京電力クレジットカードSwitch!(スイッチ)のETCカードはポイントを自動移行設定できるので移行の手間が要りません。ちなみにANAマイルへポイント交換できます。

スプレッド固定のFXオンライン・ジャパンはポンド円スプレッドは4銭と低いスプレッドとなっていまする

posted by Mr.投資信託やってます at 15:34 | TrackBack(0) | 日記