2010年05月19日

月々1000円からはじめる投資信託セミナー

今ではほとんどのネット証券会社が積立投資信託を用意し、
積立金額も月々1000円から投資できる投資信託も増えています。

若い世代の人たちはこのような低額からの投資信託へ
毎月積立をして資産を増やしていくという人たちが増えているそうです。

彼らが主に投資する投資信託は、
申し込み手数料がないノーロードで、
しかもインデックス型で堅実に運用を目指すのが特徴です。

私自身も、毎月積立で購入している投資信託があります。

もし月々の積立で投資信託を購入して
長期的な資産形成をしたいと考える方は
このようなセミナーへ参加してみてはいかかでしょうか。

------------------------------------------

お金の教養が身につくマネースクールの日本ファイナンシャルアカデミーは、「仕組み」で資産を作る毎月1000円から始める!カンタン投資信託活用セミナーを開催させていただきます。

◇第一部 自動で資産が生まれる「仕組み化」とは。

・積立て投資の驚くべき威力!
・世界の株式市場は、ITバブルを境に変わった!
・投資の「4大プロセス」
・人生の出費に「優先順位」を付ける
・コストとは「確実なマイナスリターン」
・「ノーロード型」「インデックスファンド」は標準形になるのか?
・積み立て窓口会社をテッテイ比較

◇第二部 あなたに最適なポートフォリオを知ろう!

・すぐに始めよう!これがファンドの「組み合わせ」!ビギナー型・均等型・積極型
・毎月1万円の掛金・・「ゆったりスタート型」
・毎月3万円の掛金・・「りっぱに分散型」
・毎月8万円の掛金・・「プロ並み配分型」
・なるほど!納得の年に1〜2回のリバランス方法とは?
・65歳時に「暴落」に出遭わない方法


■開催概要
日時:2010年7月10日(土)13:00〜15:30(開場12:45)
会場:金融財務研究会 日進ビル2F会議室
   東京都中央区日本橋茅場町2-9-5
費用:【早期割引】4,800円(税込)
   【通常】7,800円(税込)
   【当日】10,000円(税込)

(インターネットコム - ‎2010年5月18日)
---------------------------------------------------

ユニオン・バンク・オブ・カリフォルニアを三菱東京UFJ銀行で口座開設するには三菱UFJニコス系クレジットカードを事前に持っておくことが必要です。

ほとんどのドライバーは代理店型から通販型自動車保険へ乗り換えることで保険料が安くなりますが、どこの通販型自動車保険がベストかは、そのドライバーによって違ってきます。

posted by Mr.投資信託やってます at 01:02 | TrackBack(0) | 日記

2010年05月05日

シルバー世代にはやはり毎月分配型投信が人気

グロソブをはじめ日本において資金を多く集める投信は、
毎月分配型がほとんどを占めていますが、
その理由は年金世代の方々が、
年金を補完する収入源として
投資信託の分配金をあてにして
毎月分配型投資信託へ投資しているからです。

最近は若い世代の方々が
インデックスファンドを中心に
長期投資・長期運用による資産形成をする人たちも増えてますが
その投資規模はシルバー世代の投資規模と比べると
まだまだ小さいようですね。

------------------------------------------

一定額の運用益が月に1回支払われる分配型投資信託の購入が増えている。投信を販売している銀行や証券会社の窓口担当者によると、「孫へのおすそ分けも楽しみ」というシルバー世代の顧客が目立つという。ただ、毎月高額の分配金を受け取れるほどの高いリターンは、高いリスクと背中合わせで、注意も必要だ。
 いつでも買えるタイプの公募株式投信に占める毎月分配型の割合は拡大傾向をたどり、2010年3月末は65%と、リーマン・ショック前に比べて10ポイント以上増えた。代表的なファンドは、先進国の国債を中心に運用する「グローバル・ソブリン・オープン」(グロソブ)だが、最近は、「通貨選択型」と呼ばれる投信の急増が目立つ。

(時事通信 - ‎2010年5月4日)
---------------------------------------------

電子マネー利用としても便利なPASMO(パスモ)ですがクレジットカードでオートチャージすることでいちいち入金する面倒から解放されます。

代理店型から乗り換えが増えている通販型自動車保険の保険料の安さランキングではSBI損保や三井ダイレクト損保が上位となっています。
posted by Mr.投資信託やってます at 14:34 | TrackBack(0) | 日記