2010年06月28日

野村米国ハイ・イールド債券投信が分配金引き上げに

シルバー世代に人気の分配型投資信託の一つである
「野村米国ハイ・イールド債券投信」が分配金を引き上げるようです。

「野村米国ハイ・イールド債券投信」は
通貨選択型の投資信託で、
今回の分配金引き上げ対象となるのは
豪ドル、ブラジルレアル、南アフリカランドを選択した人たちとなります。

「野村米国ハイ・イールド債券投信」は
7つの通貨、円、米ドル、ユーロ、豪ドル、ブラジルレアル、南アフリカランド、トルコリラから任意で投資の際の通貨を選べるのですが、
今回に限ると他の4つの通貨を選択した方は少々残念ですね。

ところで、そろそろボーナスシーズンですが、
証券会社はどこもボーナスシーズンに向けて
キャンペーンをするようですから
投資を考えている方はキャンペーン内容に注目してみては。

------------------------------------------

野村アセットマネジメントは25日、「野村米国ハイ・イールド債券投信(通貨選択型)」の毎月分配型の「豪ドルコース」62006927JPと「ブラジルレアルコース」62006928JP、「南アフリカランドコース」62006929JPの分配金を引き上げた。

 「豪ドルコース」の6月分配金は前月の150円から250円に、「ブラジルレアルコース」と「南アフリカランドコース」は同200円が250円となった。同シリーズファンドの毎月分配型は計7本(7通貨)あるが、このうち3本が月250円分配となった。シリーズで最も低い分配額でも月70円(円コース、米ドルコース)となっている。

(ロイター - ‎2010年6月28日)
--------------------------------------------

高速道路の一部無料化の実験が今日から始まりましたが、JCBの年会費無料ETCカードはタイプセレクトで作ることをお薦めします。ETCなしでも無料化の恩恵は受けられますが、やはりETCでノンストップが便利です。

投資信託での長期資産形成をする方にお薦めしたいのが分散型投資信託での毎月積立です。毎月積み立てでの長期投資は安定投資ともいえます。
posted by Mr.投資信託やってます at 23:01 | TrackBack(0) | 日記