2010年10月16日

ブランド力をテーマにした投信が運用好調

過去1年間の運用成績ランキングにおいて、
上位にランクインした投資信託の中に
「ブランド力」をテーマとした投資信託がいくつかあるようです。

例えば、ルイ・ヴィトンなどのブランド企業に投資するピクテの投資信託や
「ネスレ」などの食品や飲料関連企業に投資する「アムンディ・りそなグローバル・ブランド・ファンド」が運用が好調だったとのこと。

私はこのような投資信託にあまり注目してこなかったのですが、
中国などでは富裕層が増えていることからブランド品を販売する企業が好調なようです。

----------------------------------------------

主に世界の株式で運用する追加型投資信託の過去1年間の運用成績(9月末時点)をランキングしたところ、商品のブランド力にテーマを絞った投信が上位を占めた。富裕層が急増する中国などの新興国でブランド品の販売が好調なことが寄与している。組み入れた株式には欧州を本拠地とする企業も多く、最近のユーロ安を追い風に輸出が拡大するとの見方もある。

 1、2位は実質的にピクテ投信投資顧問が運用し、傘下にルイ・ヴィトンを抱える仏LVMHモエヘネシー・ルイヴィトンなど世界的に有名なブランド企業に投資する。新興国の富裕層の需要が旺盛なことを背景に、投資先の株価が堅調に推移するとの期待があるという。

 3位の「アムンディ・りそなグローバル・ブランド・ファンド」も世界のブランド企業に投資。「ネスレ」など食品・飲料・たばこ関連企業の組み入れ比率が3割強と比較的高いのが特徴だ。

(日本経済新聞 - ‎2010年10月13日‎)
----------------------------------------------------

クレジットカードでポイントを上手に貯める方法として、電子マネーの利用でポイントを得る方法があります。たとえば、Suicaのオートチャージでポイントを得られるJR東日本ビュー・スイカカードは1.5%の高還元率でポイントが付与されます。

ポイント還元率が高いクレジットカードと言えば楽天カードが定番となっていますが、楽天カードはEdy利用でもポイントが付与されます。
posted by Mr.投資信託やってます at 17:41 | TrackBack(0) | 日記