2010年11月16日

通貨選択型投信の人気が続く

2010年7月の資金純増額ランキングを見ると
やはり通貨選択型投資信託が上位を占めており、
しかも毎月分配型がほとんどです。

毎月分配型投資信託の購入者は
年金世代の方々が中心ですし、
日本における投資信託購入者の割合で見ると
年金世代の方が多いと言われていますので、
どうしても年金世代の方々が購入する投資信託が
上位を占めるようになりますよね。

金融機関側もメインの顧客である
年金世代に受ける投資信託を開発するでしょうし
セールスもするでしょうから
どうしても年金世代の方々が購入する投資信託に資金が集まる傾向にありますよね。

------------------------------------------

野村資本市場研究所が作成した「投資信託の資金純増額ランキング」によると、投資信託への資金流入が続いており、通貨選択型投信とREITファンド、円債投信が人気。同研究所の分析によると、特に通貨選択型投信については、2010年4月以降、毎月3000億〜4000億円の資金流入が続いている。その結果、純資産残高は8月末には5兆376億円と、追加型投信全体の1割強に達した。

 ◆投資信託の資金純増額ランキング(2010年7月)◆
1位 野村グローバル・ハイイールド債券投信 資源国通貨コース(毎月分配型)
2位 短期豪ドル債オープン(毎月分配型)
3位 三菱UFJ新興国債券ファンド通貨選択シリーズ ブラジルレアルコース(毎月分配型)
4位 野村米国ハイ・イールド債券投信 ブラジルレアルコース(毎月分配型)
5位 ブラジル・ボンド・オープン (毎月決済型)
6位 DIAM J-REITオープン (毎月決算)
7位 ラサール・グローバルREITファンド (毎月分配型)
8位 ニッセイ日本インカムオープン
9位 ダイワ・グローバルREIT・オープン(毎月分配型)
10位 通貨選択型エマージング・ボンドファンド・ブラジルレアルコース(毎月分配)

(YUCASEE MEDIA - ‎2010年11月14日‎)
-----------------------------------------------

ファミリーマートやスリーエフなどで買い物をしてTポイントを貯める人は多いですよね。そういう人は年会費無料のツタヤTカードプラスでポイントを貯めると効率よくポイントを貯めることが出来ます。TポイントはANAマイルへの交換もできます。

比較的若いうちから投資信託を購入するのならば、月々の積み立てでインデックス投信を購入するのがお薦めです。日本株や債券、新興国株のインデックス投資信託、あるいは分散して投資するバランス型投資信託でも良いとおもいます。
posted by Mr.投資信託やってます at 13:36 | TrackBack(0) | 日記

2010年11月02日

ETFでも手数料無料が増える

ETFでも販売手数料が無料にする証券会社が増えているようですね。
私はETFの購入をしたことがないのですが
投資信託においては販売手数料無料のノーロード投信は随分と多くなっていますよね。
このノーロードがETFにも広がってきているようです。

例えば、インデックス型の投資信託を購入するのなら、
ETFにも同じような商品があり、
しかもETFは投資信託より売買の自由度が高いですから、
長期保有でない場合はインデックスに投資するなら
ETFの方が良いといわれてますよね。

----------------------------------------

さまざまな金融商品で証券会社が販売手数料を無料にする動きが広がってきた。これまでは投資信託などが多かったが、上場投資信託(ETF)や金融派生商品(デリバティブ)にも出始めた。証券各社は株式売買が冷え込む中で収益を分散させようとしており、手数料がかからないことを売り物にして新たな顧客層の開拓に力を入れる。

 カブドットコム証券は4日から、国内で初めてデリバティブの上場商品で手数料を無料にする。大阪証券取引所に上場する「カバードワラント」と呼ばれる商品で、これまで1取引あたり210円の手数料がかかっていた。


(日本経済新聞 - ‎2010年11月2日)
---------------------------------------

海外へ資産を移して金融商品の売買をする人も増えていますが、その場合お薦めなのがHSBC香港です。HSCB香港の口座開設や資産運用については詳しく解説したマニュアルを活用するのがお薦めです。

FX取り引きにおいてコスト管理をしっかりしておきたいのでしたらスプレッド固定のFX業者を比較して信頼がおける業者を選ぶべきです。
タグ:ETF 手数料
posted by Mr.投資信託やってます at 17:00 | TrackBack(0) | 日記