2010年12月28日

国内債券投信が人気に

日本国内の国債や社債に投資する投資信託が
値動きが安定しているということで資金が再び集まっているとの事です。

値動きが安定しているということでリスクが低く
資金を安定した投資先で運用したいという方が購入しているようです。

元本保証はないが利回りは預金金利や
国債の利率より高いということで
安全でしかも利回りも期待できるということで
国内債券投信が人気となっているようです。

---------------------------------------

 国債や社債など国内債券で運用する投資信託が、安定した値動きを背景に人気を集めている。日本生命保険グループのニッセイアセットマネジメントが設定した「ニッセイ日本インカムオープン(Jボンド)」の純資産残高(24日現在)は2164億円と1年前の644倍に激増した。他の資産運用会社も相次いで国内債投信を商品化。低金利が長期化する中、リスクを極力抑えた上で預貯金や国債より高い利回りを求める層の資金を取り込みたい考えだ。

 2006年9月に設定されたJボンドは少額の分配金が投資家を引き付けられず、一時は残高が500万円程度まで急減。しかし、リーマン・ショック後の株安で多くの投信が大幅に値下がりする中、Jボンドは9800円台(設定時1万円)で下げ止まった。その安定感が徐々に評価され、09年末はわずか6だった取扱金融機関が1年で10倍強の65に増加した。

(時事通信 - ‎2010年12月26日‎)
---------------------------------------

年末年始はなにかと急な出費が多いもの。そんなときに助かるのがキャッシング。銀行カードローンは低金利キャッシングでしかも総量規制対象外なので、借りるにも返済するにも負担が少ないキャッシングです。

来年もETC休日割引が継続される高速道路。ETCを利用するにはETCカードが必要です。関東地方の方にお薦めの一枚は年会費無料の東京電力カードETCです。ポイント還元率も魅力です。
posted by Mr.投資信託やってます at 14:59 | TrackBack(0) | 日記

2010年12月14日

東京スター銀行が月々1000円からの積立投信

東京スター銀行が月々1000円からの投資信託積み立ての受付を開始したようです。
この月々1000円からの積立はネットからの申し込みのみにおいてで
店舗での受付はしないということです。

積立投資信託と言えば先駆けとなったのはセゾン投信だと記憶しています。
セゾン投信のセミナーには20代〜40代の女性が多く参加し、
女性の長期資産形成の商品として人気になっていますよね。
セゾン投信は月々5000円からの積み立てができます。

また、ほとんどのネット証券も今では
積立投信サービスをしており、
楽天証券も月々1000円からの積立投信ができます。
楽天証券は積み立てできる投資信託のラインナップの多さは業界ナンバー1となっています。

-------------------------------------

 東京スター銀行は、月々1,000円から積立が可能なインターネット投資信託サービスを開始した。このサービスでは、申し込み手数料、店頭やテレホンバンクと比べて上限で25%オフになる。また、積立タイプの投資信託について1,000円という小額から利用できることに加え、利用者の都合に合わせて夜間や休日でも保有残高の確認や各種取り引きが利用できる。

  サービス開始に伴い、東京スター銀行が取り扱う投資信託商品ラインナップに加え、新たに3つの投資信託商品の販売を開始する。

(サーチナニュース - ‎2010年12月14日)
--------------------------------------

来週は23日から連休を取ってドライブ旅行などに行く人も多いのでは。高速道路利用にはETCがあれば便利です。ETC利用にはETCカードが必要なのですがJCBのタイプセレクトは年会費無料ETCカードとして人気の一枚となっています。

自動車保険を通販型に乗り換えたい人が増えていますが、中でも安心感が高いと評価されているのが東京海上の通販型自動車保険イーデザイ損保です。オリコンランギングでもユーザーの方々から保険料の安さや自己対応で高い評価を得ています。
posted by Mr.投資信託やってます at 17:55 | TrackBack(0) | 日記

2010年12月02日

レアル建て投資信託人気が続く

ボーナスシーズンも近づいていることから、
ボーナスの一部を投資へまわそうと考えている人もいるのではないでしょうか。

そのボーナスを投資信託へ投資すねのでしたら、
ブラジルレアル建ての投資信託がお薦めの一つかもしれません。

ブラジル経済の成長を見込んで世界から資金が集まっているブラジル、
投資先としては有望という判断が個人投資家の間では強いようで、
日興フィナンシャル・インテリジェンスが発表した
投信買付けランキングではベスト10に
ブラジルレアル建ての投信が5本もランクインしているそうです。

しかし、その一方で
ブラジル政府がレアル高を懸念して
債券投資への税率を高める政策も進めているので、
注意をする必要もありそうです。

--------------------------------------------------

ブラジルの通貨、レアル建てで投資する投資信託の販売が急増している。日興フィナンシャル・インテリジェンスがまとめた10月の投信買い付けランキングでは、ブラジル関連の商品がトップ10以内に5つがランクインした。欧州や中国の財政・金融に対して不安感がある中、豊富な資源をもとに成長を続け、オリンピックなどのイベントも控えているブラジルへの投資熱が高まっている。

 野村証券が扱う「野村米国ハイ・イールド債券投信」のブラジルレアルコースの純資産残高は、今年1月の1170億円から11月には4192億円に増えた。同じ期間に、円コースは238億円から97億円、ドルコースは9億円から7億円にそれぞれ減少している。

ただ、ブラジルではレアル高懸念から債券投資にかける税率を引き上げるなど引き締めを強化しており、「経済政策によるリスクは高まってきている」(モーニングスター調査分析部の辻哲ファンドアナリスト)との指摘も出ている。

(SankeiBiz - ‎2010年12月2日)
-------------------------------------------------

この年末年始に高速道路を利用して帰省や旅行へ出かける人も多いのでは。そういう人は是非ETCを利用して高速料金を節約しましょう。ETC利用にはETCカードが必要です。出光まいどプラスETCカードはポイント交換でロードサービスも加入できるのでお薦めです。

もしもの時ロードサービスをお得に受けるには自動車保険の付帯サービスのロードサービスもお薦めです。特に事故対応評価の高いチューリッヒ自動車保険は業界最高水準のロードサービスが着いていることで人気です。
posted by Mr.投資信託やってます at 15:57 | TrackBack(0) | 日記