2011年01月25日

日本株投資信託のシャープレシオ・ベスト10

自身が保有している投資信託や
これから購入しようとしている投資信託の運用について評価する場合、
「シャープレシオ」という指標が一つの判断材料になります。

基準価額は分かりやすい一つの指標となりますが、
「シャープレシオ」という指標も併せて判断材料にするとよさそうです。

以下は「投信まとなび」が
昨年12月に発表した日本株投信の
「シャープレシオ」による順位です。

これから日本株投資信託の購入を考えている方は
下記のランキングを参考にしてみてはいかがでしょう。

---------------------------------------------

大きなリスクをとれば大きく儲かる可能性はあるが、それだけ損をした場合の金額も膨らむ。理想はリスクが低く、その割にリターンが高いファンド。リスクとリターン、双方のバランスをとり、「どれだけ安定して、利益をあげたのか」を測る指標がシャープレシオ≠ニ呼ばれるものだ。安心感の高い投資信託をランキングした。

1)シンプレクス・ジャパン・バリューアップ・ファンド(0.84)
2)アバディーン日本小型株ファンド(0.79)
3)日本好配当りバランスオープン(0.69)
4)大和住銀日本小型株ファンド(0.63)
5)低位株オープン(0.58)
5)日本低位株ファンド(0.58)
7)ノムラ・ジャパン・バリュー・オープン(0.55)
8)クロッキー日本株プラス(0.50)
9)日興ジャパン高配当株式ファンド(0.49)
10)シュローダー日本ファンド(0.48)

(YUCASEE MEDIA(ゆかしメディア) - ‎2011年1月23日‎)
------------------------------------------------------

地方の中小企業がネットで海外販売をする場合、大手ネットショッピングモールを利用するのが良いです。楽天市場もYahooショッピングも出店すれば海外販売ができるシステムがセットされているからです。販売による売上金回収リスクについても相談できます。

投資信託を購入する上でのリスク分散を考えるのなら、1本でバランス投資する投資信託が良いでしょう。たとえば、代表的なバランス型投資信託であるセゾン投信は、8つの投資先へ投資することによってリスク分散しています。
posted by Mr.投資信託やってます at 16:19 | TrackBack(0) | 日記