2011年02月22日

分配型投資信託の人気が過熱気味

日本においては投資信託購入者のメインとなっている人が
年金世代ということもあって
分配型投資信託がとても人気があります。

年金世代の方は、
年金のほかにも年金を補完する収入源を得たく、
その一つの方法として分配型投資信託を購入しています。

このような背景から
以前から分配型投資信託は人気がりましたが、
昨今は通貨選択型などの分配金が多い投信をはじめとして
さらに人気が上昇しているそうです。

ですが、分配金の引き上げ競争などが見られるようになるなど
潜在的なリスクが拡大しているのではないかということです。

---------------------------------------

非常に高い利回りの分配型投資信託が人気を集めている。最近は追加型株式投資信託の多くが毎月分配型投資信託だという。

リーマン・ショックでバブルが弾けるまでは、「グローバル・ソブリン・オープン」(通称「グロソブ」)と呼ばれる外国債券を対象とした毎月分配型投資信託がヒットしていた。現在は、グロソブよりもさらに高い利回りを売りにした、「通貨選択型」と呼ばれるタイプの毎月分配型投資信託が人気だ。

 ただ通貨選択型は、リスクの高い外国債券に投資し、さらに金利の高い通貨を利用してより高い収益を得る仕組み。高い収益を得る可能性がある一方で、多額の損失を出す可能性もある、「ハイリスク・ハイリターン」型の金融商品となっている。

 分配型投資信託人気が過熱する中、より高い分配金で投資家を引きつけるべく、分配金の引き上げ競争も起きている。1月の追加型株式投資信託全体では資金流入を分配金支払が上回っており、無理な分配金引き上げが行われていることもうかがわれる。高い分配金に運用収益が追いつかなければ、運用資産の取り崩しなどが発生し、結局は元本を食いつぶす事態も招きかねない。金融商品を具体的に選ぶ際に、投資家は十分な注意が必要だ。

(MONEYzine - ‎2011年2月17日‎)
------------------------------------------------

春も近づきドライブに出かける機会も多くなります。そこで高速道路利用する方には料金が割安になるETCの利用を是非お薦めします。ETC車載器に必要なETCカードですが、例えば、年会費無料のものならばポイント還元率が高いライフカードのETCがお薦めの一枚です。

テレビCMで認知度も高まり、通販型自動種保険のシェアが拡大しています。しかし各損保によって保険料の割り出し方は違います。アクサダイレクト自動車保険は走行距離が短いと保険料がより安くなる算出システムとなっています。ですから、年間走行距離が5000キロ未満の主婦の方などは格段に安くなります。
posted by Mr.投資信託やってます at 15:16 | TrackBack(0) | 日記

2011年02月10日

エジプト関連の投信に解約停止のものも

エジプトの政治情勢の不安定が続く中、
エジプト株式へ投資する投資信託などに
解約停止となっているものが出てきているようです。

エジプトへ進出している日本企業などは
少しずつ平常営業に戻りつつあるようですが、
エジプト経済全般の活動には
政治情勢の不安要素が解消されない限り、
以前の状態に完全に戻らないのではないでしょうか。

しかし、エジプト株式が組み込まれている投信を持っている人は、
今以上の損失をまぬがれたいので解約したいところでしょう。

-------------------------------------

反政府デモなどによる混乱が続くエジプト情勢を受け、大手運用会社は同国の株式を組み入れた投資信託について、相次ぎ解約の停止に踏み切った。解約の停止により、投資家は好きな時に投信を売却できなくなり、暴落すれば大きな損失を被ることになる。混迷するエジプト情勢の影響が金融商品にも波及してきた。

 解約の停止はエジプト証券取引所で売買が行われていないため。野村アセットマネジメントは、「野村アラビアン・ファンド」の解約申し込みを1日から停止。日興アセットマネジメントも「日興アフリカ株式ファンド」の新規購入・解約手続きを行っておらず、両社ともいつ再開するか決まっていないという。

 購入・解約を受け付けている中堅運用会社なども、「市場動向次第で中止する可能性がある」(新光投信)としている。

(時事通信 - ‎2011年2月10日)
-----------------------------------

3月になると仕事や学校の都合で地方から東京方面へ移動する人も多くなります。都内での電車移動に便利なのがIC乗車券のPASMOとSuicaです。PASMO(パスモ)へオートチャージするクレジットカードを利用すると入金の手間が省けて便利なので是非持つと良いです。

3月という年度末は自動車保険の更新時期にあたる人も多いはず。保険料を安くしたい人は通販型の自動車保険を選択する人が増えています。しかし、通販型ならば誰でも安くなるとは限らないので注意が必要です。

posted by Mr.投資信託やってます at 16:43 | TrackBack(0) | 日記