2011年06月28日

ETF購入者は長期保有で資産形成派

アンケート調査によると、
ETF購入者の6割は長期保有での資産形成を目指す人たちなのだそうです。

ETFは投資信託より売買の自由度が高いと言うことから、
長期保有ではなく利益が出るようなら短期でも売買するという目的で
購入する人が多いのではないだろうかと、
私は思っていたのですが、それは違うようです。

おそらく、長期保有での資産形成を目的として入るが、
もし運用が悪化する局面がきたら、
早いタイミングで売る、
そのためには投資信託よりETFの方が良い、
という考え方ではないかと想像します。

私自身は投資信託での資産形成がメインですが、
投資信託の一部を似たような商品内容であるETFへ買い替えようかとも
考えるているところもありますが、
その理由は上記によるものだからです。

---------------------------------------------

iシェアーズは2011年6月22日、ETF(上場投資信託、ExchangeTradedFund)に関する調査結果を発表した。それによるとETFを実際に購入した経験のある調査母体においては、6割強の人が「長期保有で値上がりを期待」してETFに投資していることが分かった。短期売買での利ザヤ稼ぎを目的としている人は2割強に留まっている。また、ETFに限らず資産運用そのものへの方針としては、「収益性と安全性のバランスを配慮」とする回答者がもっとも多く6割強、次いで「利益優先、ハイリスク商品にも手を出す」とする人が3割近くを数えていた。

(サーチナニュース - 2011年6月24日)
---------------------------------------------

消費者金融やカード会社のローンなど複数社でお金を借りている人は、
金利の低い銀行のカードローンへ買い替えした方が返済が楽になります。
例えば、楽天銀行カードローン・キャッシングは一本化の人を対象とした融資を積極的に薦めていて、しかも低金利ですので、一度相談してみると良いです。

投資信託で分散投資して長期的な資産形成を目指す人の商品として人気なのが、
インデツクス型の投資信託です。
国内外の株価や債券に投資するそれぞれのインデツクス投信に投資してリスク分散もするのが理想的です。
ネット証券でしたらノーロードのインデックス投資信託の積立購入できる商品数も豊富ですので、
運用成績をチェックして投資する投信を選ぶと良いです。

タグ:ETF 資産形成
posted by Mr.投資信託やってます at 16:08 | TrackBack(0) | 日記