2011年09月07日

ブラジル関連投信に若干の不安?

一時期、とても人気のあったブラジル関連の投資信託、
BRICsの一角として経済成長が期待でき、
サッカーのワールドカップ、そしてオリンピックという
2大スポーツイベントの開催に向けてインフラ整備も拡大するということで、
多くの個人投資家の方々はブラジル関連投信を購入しました。

しかし、ここへ来て、
世界的な株価下落で新興国の株も不調で、
為替相場ではブラジルレアルも下落しているようです。

このことにより、
ブラジルを含む新興国の株式関連へ投資している方は
現在含み損を抱えている可能性も高いと言うことです。

ブラジル関連の投資信託をお持ちの方は、
少しばかり注意をしていた方が良いのかもしれません。

-----------------------------------------------

 ブラジル関連の投信はダブルパンチを食らった。最近のリスク回避の動きは新興国市場やその他の資産の急落を招いた。また、円が対ドルで戦後最高値を更新する一方、ブラジルレアルは下落した。

 アナリストらは、多くの日本人投資家は新興国市場への投資で含み損を抱えている可能性が高いと話している。

リッパーによると、6月末から8月12日にかけて、ブラジルをテーマとした日本人投資家向けの投信111本のうち、6本を除くすべての投信で純資産価値が低下した。

アナリストらの話では、こうしたファンドに投資する日本人の膨大な資金は、突如、大量の売りが出た場合にブラジルレアルのNDF市場に大きな影響を与えかねないことを意味している。レアル上昇を食い止めようとするブラジル政府の措置が市場の流動性を悪化させたからだ。

(日本経済新聞 - 2011年9月2日)
------------------------------------------------

ところで、秋の行楽シーズン、再来週は連休が2回もあり、家族でお出掛けをする人も多いのでは。もし高速道路で出かけるのでしたら、割引があるETCを使うべきです。ETCを利用するには事前にETCカードへの加入が必要なのですが、お薦めの一枚は、ガソリン割引もある出光カードのETCカードです。

同じくガソリン割引があるETCカードとしては、今CMでも放映されている新エネオスカードのETCカードもあります。普段給油でどのガソリンスタンドを使うかで、ETCカードを作るといいです。
posted by Mr.投資信託やってます at 15:14 | TrackBack(0) | 日記