2011年11月29日

フィデリティ証券が投信手数料無料キャンペーン

ボーナスシーズンが近いということで、
金融会社は投資信託購入向けのキャンペーンを開始しています。

フィデリティ証券もネットでの投資信託購入者向けに、
購入手数料無料、つまりノーロードにするというキャンペーンを開始したようです。

フィブリティ証券は米国で投信販売のビッグ3の一つで、
日本においても投信販売を積極的に行っています。

フィデリティ証券で人気の投信といえば、
日本株のなかでも中小株に投資する投信が
運用成績が良いということで人気となっていますよね。

昨今は、ヨーロッパ各国の財政不安が続き、
それらともない世界各国の株も不調ということから
投資信託の購入にはあまり積極的になれない状況が続いていますが、
ボーナスで投資信託の購入を考えている方は、
各社が行っているキャンペーンを利用してみるもの良いのではないでしょうか。

----------------------------------------------

フィデリティ証券は、個人投資家向けに投資信託や株式取引サービスを電話やインターネットで提供する「フィデリティ・ダイレクト」で、現在取り扱っている280本以上の投資信託の申し込み手数料を無料化し、さらにファンド積立「ステップ・BUY・ステップ」の申込手数料を毎月の積立額5万円以上を期間中継続することで1年間無料化する「冬のWキャンペーン」を、11月10日より開始した。

「冬のWキャンペーン」の一つ目、280本以上のファンド申込手数料の無料キャンペーンは、同社で取り扱う投資信託のほぼ全てが対象となり、「フィデリティ・ダイレクト」が行なってきた申込手数料無料キャンペーンでは最大規模となるという。

(インターネットコム - 2011年11月28日)
----------------------------------------------

ところで、来年早々、首都高と阪神高速で高速道路料金の改正が行われ、近距離ではETC利用でないと現在より割高になるそうです。ということは、まだETCを車につけていない方は、今年中に付けるといいです。ETC利用にはETCカードが必要ですが、普段の通勤などは地下鉄や電車だという方は、東京メトロ・ToMeカードETCなら年会費無料の上、地下鉄利用でポイントが貯まるのでお薦めの一枚です。

車を所有する方は、駐車場やガソリン代など、維持費に多くのお金がかかるので、なるべく維持費を節約したいという思いはあると思います。維持費の節約の一つとして、自動車保険を保険料の安い通販型へ換えるという方法があります。例えば、東京海上の通販型自動車保険・イーデザイン損保なら、保険料が安い上に事故対応も安心ということで契約者が増えているそうです。
posted by Mr.投資信託やってます at 14:10 | TrackBack(0) | 日記