2011年12月24日

通貨選択型投信、豪ドルへの移行も

通貨選択型投信でブラジルレアルを選択して投資していた方々が多かったですが、
円高やブラジル経済、そして欧州財政危機の間接的影響などにより、
運用成績が思わしくなくなっていることなどから
ブラジルレアルで通貨選択型投信を購入していた人たちの解約が増えているそうです。

そして、その一方で、今度は豪ドルを選択しての投信購入が増加傾向にあり、
通貨選択型投信を購入している方達の間で、
ブラジルレアルから豪ドルへのシフトが進んでいるようです。

毎月分配型投信を購入している年金世代の方々は、
これから年金が少し減らされることもあり、
年金を補足する収入として投信の分配金をより重要視するようになるとおもいますし、
分配金の多い投信への資金シフトがさらに進むかもしれませんね。

------------------------------------------------

10月に6位だった「野村日本ブランド株投資(通貨選択型)(ブラジルレアルコース)毎月分配型」、9位だった「欧州ハイ・イールド・ボンド・ファンド(豪ドルコース)」(ともに野村アセット)など純資産が1000億円を超えるつわものも、資金減少(純流出)に転じました。ほかにも「ダイワ米国高金利社債ファンド(通貨選択型)ブラジル・レアル・コース(毎月分配型)」(大和投信)、「野村ドイチェ・高配当インフラ関連株投信(豪ドルコース)毎月分配型」(野村アセット)など、通貨選択型の大型投資信託が資金減少になりました。

一方、新たに加わった投資信託は14位の「野村日本ブランド株投資(豪ドルコース)毎月分配型」、28位の「同(トルコリラコース)」(野村アセット)、34位の「DIAM新興国ソブリンオープン通貨選択シリーズ<円コース>」、35位の「同<豪ドルコース>」(DIAMアセット)などです。ご覧の通り、4本のニューフェイスすべてが通貨選択型です。野村アセットの投資信託は「同(ブラジルレアルコース)」が資金減少に転じたものの、他の2つのコースがランク入りした形です。

(読売新聞 - 2011年12月22日)
-------------------------------------------------

首都圏の方は電車やバス利用時に、SuicaやPASMOを使う人が多いですが、ポイントを貯めたいのでしたらPASMOオートチャージのクレジットカードなどを使うといいです。例えば、東京メトロカードでしたら、チャージ分にポイントが付くほか、東京メトロに乗る度にもポイントがもらえるのどとてもお得になります。

PASMOは電車利用だけでなく、電子マネーとして使える機能がありますが、電子マネー利用において、地方ではWAONやnanacoの利用者が多いと聞きます。例えば、ナナコ(nanaco)はセブンカードでチャージするとポイント的にお得ですし、セプンイレブンやヨーカドーでセブンカード決済するとポイント特典や割引特典があるので、その点でもお得です。

posted by Mr.投資信託やってます at 18:13 | TrackBack(0) | 日記