2012年04月17日

REITをはじめとして投資信託へ資金が戻り始める

欧州の債権問題も一服感があり、
米国や日本の株式も回復傾向を見せたこともあり、
3月は投資信託へ個人の資金が戻る傾向にあったようです。

特に、REIT(リート)や新興国株投信への
資金流入が好調のようです。

しかし、日本の株価は、
一時期、1万円を越えていた日経平均も、
本日は9500円を割っています。

ニューヨークの株価下落に連れられるように日本株も下落していますが、
春になり復興需要もそろそろ本格化していきそうですので、
ニューヨークの株価の影響と関係なく、
日本株は上昇へと向かうということにはならないものでしょうかね。

-------------------------------------

投資信託市場に個人マネーが戻り始めた。投資信託協会が12日発表した3月の概況によると、株式投信で主力の「追加型株式投信」が昨年9月以来、6カ月ぶりに資金流入に転じた。新興国株や不動産投資信託(REIT)の購入意欲が回復している。4月に入り相場が調整する中でもこれらの投信では資金流入が続いている。

けん引役の1つはREIT型のファンドだ。3月は1309億円の資金が流入した。大和証券投資信託委託が米国のREITで運用する「ダイワ・US―REIT・オープン(毎月決算型)Bコース」は842億円が流入した。新興国株型も購入が増え、ピクテ投信投資顧問の「ピクテ新興国インカム株式F(毎月決算型)」は残高が635億円増えた。

(日本経済新聞 - 2012年4月13日)
-------------------------------------

ところで、ネットショッピングをする方は、楽天やヤフー、そしてアマゾンで購入する人が多いのではないでしょうか。そして、その際の決済として楽天カードやヤフーカードを使ってポイントをお得に獲得するという人も多いのではないかと思います。アマゾンにも決済に使うとポイントをお得にもらえるカードがあるをご存知ですか? ジャックス「リーダーズカード」はアマゾン決済でポイント還元1.8%となっていて、アマゾンでネットショッピングをする方にとってはとてもお得なクレジットカードとなっているのでお薦めです。

クレジットカードと言えば、電子マネーのチャージに利用してポイントを上手に貯めている人も増えていますよね。首都圏の人でしたら、PASMOやSuicaへチャージしてポイントを貯めている人は多いと思います。Tポイントを貯めている人なら、ファミマTカードでモバイルSuica(スイカ)へチャージするといいです。また、ファミマTカードはスマートICOCAやnanacoへのチャージでもTポイントがもらえるので、ICOCAやnanacoユーザーの方にもお薦めのチャージ用カードです。
タグ:REIT リート
posted by Mr.投資信託やってます at 15:12 | TrackBack(0) | 日記

2012年04月04日

支持が広がるスローファンド

日興アセットが販売している「フォーシーズン」という投信が資金を集め、
日興アセットの代表的なファンドになりつつあるそうです。

「フォーシーズン」はいわゆるスローファンドと言われるもので、
「大きな上昇期待がなくても,心安らかな運用を期待したい」というコンセプトのもと運営されている投資信託です。

日本の投資信託市場どちらかとうと、
年金世代の方々がメインターゲットとなっていて、
彼らは年金収入を補完する収入を得るために、
毎月分配型投資信託を購入する傾向が強いために、
日本の大型ファンドといえばほぼ全て毎月分配型投資信託というのが現状でした。

それが、徐々にではありますが、
比較的若い世代の方々の資産形成のための金融商品として
投資信託が認知されるようになり、
このようなスローファンドも資金を集める投信となったようです。

--------------------------------------

日興アセットマネジメント株式会社の追加型投信「フォーシーズン」の販売担当者を対象に,日興アセットが2012年3月に行なったアンケートによると,「フォーシーズン」の新規購入者の約半数(52%)が投資信託の未経験者であったことがわかりました。

「フォーシーズン」は日興アセットが提案するスローファンドの中核商品です。「大きな上昇期待がなくても,心安らかな運用を期待したい」というスローファンドのコンセプトに多くの銀行,証券会社などの販売会社にご賛同いただき,取扱い販社数32社,純資産総額455.8億円(2012年3月27日現在)となる日興アセットの代表ファンドに成長しつつあります。

スローファンドとは,日興アセットが提案するコンセプトで,値動きの幅が小さい,値動きが世界経済や為替市場の変動に左右されにくい,「ほどよいリターン・リスク」をめざすファンド群のことです。

(Gihyo Jp - 2012年4月1日)
-------------------------------------

4月に入り新年度となり、新たな地に転任・赴任となった方もいられると思いますが、中には海外へという方もいらっしゃると思います。
海外赴任された方のご家族はこれから海外への送金や海外からの送金を受けるという機会も多くなるのでは。
海外送金には海外銀行口座を開設しておくと何かと便利です。米国でしたら三菱東京UFJ銀行がバンクオブカリフォルニア銀行の口座開設を日本語で可能ですのでお薦めです。


また、この4月、新社会人となった方は、給与振込みのための銀行口座を開いたり、クレジットカードを新たに作ったりする人も多いと思います。
新社会人となると同時に一人暮らしをはじめた方は、自炊をして、食材の買い物をスーパーでするという方もいると思いますが、そういう方はスーパーでポイントや割引でお得なクレジットカードを利用すると、節約やお得を得られるのでお薦めです。
イオンやヨーカドー以外もクレジットカードを発行していますので、良く行くスーパーのクレジットカードをチェックしてみるといいですよ。
posted by Mr.投資信託やってます at 11:21 | TrackBack(0) | 日記