2014年02月19日

NISA口座申請、600万超に

NISA口座の申請受け付けが今年に入って開始となりましたが、
既にNISA口座開設申請が600万件を超えているそうです。

政府が目標としている口座数の半数を超す数字ということです。

政府は今まで「貯蓄から投資へ」という掛け声で
何度か投資へお金を向ける政策を取ってきましたが、
今回のNISAほど成功したことはありませんでしたよね。

NISA口座を開設する人がどの年代の層なのか分かりませんが、
投資信託のメイン購入者であった年金世代の方々以外の方たちが
今回NISA口座の開設に向かっていということならば、
将来の年金に対する不安から、
自分で年金を補完するものを作っておこうという考えからなのではないかと、
私は考えます。

私は、NISA口座を開設していませんが、
投資信託の積立を3つの投資信託で行っています。

これは、将来、年金だけでは生活していくだけの収入が見込めないから、
個人で年金を積み立てているという感覚です。

現役世代で私のように考えて
投資信託などの金融商品を購入している人は増えているのではないでしょうか。

----------------------------------------------

個人の株式や投資信託への投資を税優遇する、「NISA(ニーサ)」(少額投資非課税制度)が2014年1月に始まった。国税庁によると、昨年末時点で475万口座が開設された。野村総合研究所の試算では、申請ベースで1月末に約650万件、今年末には865万件に達すると見込む。

2020年に1500万口座とする政府目標の半分クリアが年内に視野に入る順調さで、「株価の下支えにもつながる」と証券会社の期待も高い。ただ、必ずしも「新規開拓」につながっていないなど課題も多い。

(J-CASTニュース-2014年2月17日)
---------------------------------------------
タグ:年金 NISA
posted by Mr.投資信託やってます at 15:43 | TrackBack(0) | 投資信託全般