2014年04月23日

海外長期マネーが日本株へ

今年に入ってからでしょうか、
日経平均が何度かちょっと大きな下げをしましたが、
そのたびにまたじわじわと上がるという展開をしているように見えます。

下げの理由としてはヘッジファンドなどの
海外短期マネーが売りを積極的に行っているからと言われていて、
その下げが再びじわじわと上がっているのは
NISAなどにより日本株投資信託への資金が集まっているからと言われていましたが、
海外の長期マネーも日本株へ入ってきていることも関係しているようです。

ただ、アベノミクスの第3の矢と言われる
規制緩和や成長戦略物足りなさがあることには変わりなく
消費税増税による消費の落ち込みも予想される中、
ここで日本経済が失速すると
海外の長期マネーも日本から引き上げかねないわけですから
昨日、アーミテージ氏も言っていたように
安倍政権は経済を第一にやっていってほしいものです。
posted by Mr.投資信託やってます at 21:00 | TrackBack(0) | 日本株投信