2015年01月17日

「個人にとっての2014年のベスト投信」を発表

投資信託についてのブログを書いている
名が知れている投信ブロガー115人が「個人にとっての2014年のベスト投信」を選んだ「ファンド・オブ・ザ・イヤー」を発表したようです。

この「ファンド・オブ・ザ・イヤー」はかなり前から発表されていて、
私も4・5年前から毎年注目してみていました。

ベスト10は以下です。

1位 ニッセイ外国株式インデックスファンド/ニッセイ
2位 バンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT)/バンガード・グループ
3位 セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド/セゾン投信
4位 結い2101/鎌倉投信
5位 eMAXISバランス(8資産均等型)/三菱UFJ
6位 ひふみ投信/レオス・キャピタルワークス
7位 世界経済インデックスファンド/三井住友トラスト
8位 SMTグローバル株式インデックス/三井住友トラスト
9位 ニッセイ日経225インデックスファンド/ニッセイ
10位 eMAXIS新興国株式インデックス/三菱UFJ

ここ数年、若い年代の人の中にも、
将来の年金が心配だという理由もあり
積立投信をする人が増えていると聞きます。

そういう人たちは、この「ファンド・オブ・ザ・イヤー」を参考に
どの投信を積立購入するか選ぶといいのではないかと思います。

この「ファンド・オブ・ザ・イヤー」を選んでいるブロガーの人たちも
多くは30代〜40代だそうですので
同年代の人たちが選んでいるということでも参考になるのではないでしょうか。
posted by Mr.投資信託やってます at 21:13 | TrackBack(0) | 投資信託全般