2015年02月18日

イオン銀行がラップ型ファンドの販売

イオン銀行がラップ型ファントの販売を開始したそうで、
現在キャンペーンが行われているようです。

ラップ型ファンドとはラップ口座同様の運用を
1万円から購入可能となるサービスです。

投信会社は大和証券投資信託委託ということです。

ラップ口座は本来富裕層向けの資産運用サービスで、
少なくとも数百万円の投資金が必要なサービスでした。

それが、一般的な投資信託と同じように
一万円から投資できるということは、
なんか品質が落ちるのではないかと個人的には思います。

どういう商売でも、
大得意の顧客と普通のお客とは提供するサービスが違います。

資産運用も億単位で預けてくれる人への運用サービスと
一万円で利用できるラップ型ファンドとは運用のレベルが違うはずです。

なので、ラップ型ファンドだからと言って
それほど運用に期待できるというものではなく、
アクティブ型ファントの一種だと思っていいのではないかと個人的には思います。
posted by Mr.投資信託やってます at 21:37 | TrackBack(0) | 投資信託全般