2015年11月23日

低信託報酬の投信の設定が増えている

日本株や外国株の投信で信託報酬が低い投信の設定が少しですが増えているそうです。

今までもインデックス型の投信は信託報酬が低く設定されていましたが、
それよりも低く設定した投信が新しく出てきているそうです。

その背景には、
投資信託を積立購入する若い世代が増えつつあり、
彼らは低コストの投信を好む傾向にあるからです。

その需要に応えるように、
運用会社も信託報酬の低いインデックス型を新たに設定・販売しているということです。

私が毎月積立購入している投信もインデックス型です。

もちろん、同じインデックス型でも、
なるべく信託報酬が低いものを選択して決めました。

信託報酬が1%違えば、
20年・30年のスパンで積みたい購入し続ける事を考えれば、
最終的なリターンにかなりの違いがあります。

資産形成のために長いスパンで投信を積みたい購入するのでしたら、
信託報酬の低さに注目して選ぶといいです。
タグ:信託報酬
posted by Mr.投資信託やってます at 11:29 | TrackBack(0) | 投資信託全般