2015年12月15日

原油価格の下落

原油価格が下がって来ていて、
一人の生活者としてはガソリンや灯油が安くて大変助かっています。

しかし、世界全体の経済で見ると、
必ずしも原油価格の低迷は良いことではないと言われていますよね。

原油価格が安いと、電力の料金も安くなりますし、
輸送費用の削減にもつながります。
繊維各国の企業も経費の削減になるので良いのではないかとも思うのですが、
そうとばかりも言われないようですね。

産油国の収入が減るので、
産油国の経済が縮小し、製品輸入などが減る、
という裏の負のスパイラルもあるようです。

日経平均も1万9千円を割っているようですが、
これは原油価格とあまり関係ないのではないでしょうかね。

日本株を買いざさえていたと言えなくもないGPIFや日銀が、
日本株を購入する枠を使ってしまってかえざさえが出来なくなった、
よって日本株が下がっているのかな?
タグ:原油価格
posted by Mr.投資信託やってます at 11:10 | TrackBack(0) | その他投資全般