2016年07月20日

日経平均がなぜ上がっている?

国民投票で英国のEU離脱が選択され、
そのことによって、世界の株価が下がり、
日本の株価もかなり下がりましたが、
今日現在は日経平均が16,681.89です。

一時より千円前後回復しています。

しかし、なぜ、これだけ回復しているのか理由が分かりません。

英国のEU離脱問題で大きく下げたけれど、
短期で経済に大きな影響はないということで、
売った人たちが買い戻しているということなのでしょうか。

まあ、英国のEU離脱選択という大きなニュースを利用して、
売りで儲けた人たちが、
今度は安くなった株価で買い戻しているということなのか。

それとも、GPIFとかクジラたちがまた日本株を買って株価回復を演出しているのか。

米国のNYダウ平均株価も史上最高値を更新しているんですよね。

だけど、史上最高値を更新する経済的な理由があるのか。
それほど米国の経済は好況なのかというとねそうでもないですよね。

なんか、上昇している世界の株価の動きがおかしいような気がしないでもない。
posted by Mr.投資信託やってます at 21:38 | TrackBack(0) | 日本株投信