2016年08月23日

確定拠出年金はやるべきか

確定拠出年金、最近、目にする機会が増えた気がします。

特に目につくのが節税になるということ。

■現役世代のときに掛金が所得控除となる。
■年金運用で利益が出たとき、それが非課税となる。
■年金として受け取る時も、所得税、住民税の優遇措置が受けられる。

このように、3度にわたって節税ができるようです。

確定拠出年金の投資先商品として投資信託もあるので、
今、積み立て購入している投資信託と似た投資先の投信を確定拠出年金にみつけて
投資するといいのではないか、と私は思ったのです。

しかし、確定拠出年金は、60歳以降にならない引き出し出来ないということ。

もちろん、今、私が積立購入している投信も、
60歳以降、あるいは65歳以降まで引き出すつもりはないのですが、
もし、何かあって、お金が必要になった時は、
積み立てている投信を引き出しに使うかもしれません。

人生、何があるか分かりませんからね。

ですので、確定拠出年金で投信を購入していく、
というのは、パス、という結論にいたりました。

お金に余裕があって、
60歳まで引き出し出来なくても構わない、
という方は、節税にもなりますので
確定拠出年金で投信を購入していく、
ということを考えてもいいのでは。
posted by Mr.投資信託やってます at 15:12 | TrackBack(0) | その他投資全般