2020年09月21日

金価格、2021年は1オンス2300ドル予想だそう

カナダの大手銀行CIBCの見方によると
金価格(ゴールド)は現在の価格をさらに上げていき
2021年は1オンス2300ドルになるとのことです。

CIBC以外の専門家たちの記事でも
さらにゴールドは値上がりする、高騰する、
なので今からでも金(ゴールド)を買っても遅くない、
高値掴みにはならないと書いているところが目につきます。

こういう意見が多いからといって、
そのままうのみにしてはいけない気がしないでもないです。

こういう記事が多いと、
今からでも遅くないと金を買う人が増えるでしょうし、
業界的にはそうなってくれるといいですからね。

でも、本当に、いまからでも遅くなくて、
まだまだゴールドは高騰するのかも、
ということもあり得るかもですし、
僕のような素人には判断は難しいですね。
posted by Mr.投資信託やってます at 10:07 | TrackBack(0) | その他投資全般