2011年05月02日

大和証券投資信託委託が世界レアメタル関連株ファンド設定へ

大和証券投資信託委託が今月、
「世界レアメタル関連株ファンド」を新規設定するようです。

電気自動車の蓄電池をはじめ、
いろいろな工業製品で使われるレアメテル関連企業(国内外)などへ
投資する投資信託です。

現在、レアメタル生産の大きな部分を占めている中国が、
国外への輸出を規制していることから、
日本企業は米国やオーストラリア、そして南米など
レアメタルの産出が可能な地域で生産の準備を進めています。

これらの鉱山でレアメタルの生産が開始されれば
大きな収益を上げていくことはほぼ間違いないのではないかと思われます。

レアメタル関連投資信託へ興味がある方は、
大和証券投資信託委託のHPでチェックしてみると良いです。

--------------------------------------------

当社は、来る5月30日に「世界レアメタル関連株ファンド」を当初設定しますので、これをお知らせいたします。詳しくは下記をご参照下さい。

ファンド名・分類:世界レアメタル関連株ファンド
       追加型投信/内外/株式 ※課税上は株式投資信託として取扱われます。

募集期間:平成23年5月16日(月)から平成23年5月30日(月)までを当初申込期間とします。

設定日:平成23年5月31日(火)

信託期間:平成33年5月28日(金)まで

販売会社:岡三証券、丸福証券(届出日現在)

当初設定予定額:1,000億円を上限とします。

運用の基本方針:信託財産の成長をめざして運用を行ないます。

主要投資対象:世界の金融商品取引所上場株式および店頭登録株式(上場予定および店頭登録予定を含みます。また、DR(預託証券)を含みます。)

(日本経済新聞 (プレスリリース) - 2011年4月26日)
------------------------------------------------------

アンケートによるとクレジットカードを作る上で重視する点として、ポイントの還元率を上げる人が多くなっています。ポイント還元率が高いカードの一枚としてライフカードがありますが、ライフカードはモバイルSuicaチャージでもポイントが得られ、そらにEdyやiDもポイントが得られるので電子マネー・ユーザーにもお薦めの一枚と言えます。

保険料の安さから通販型自動車保険が注目されるようになっていますが、でも、不安な点として事故時の対応があるようです。そういう人に選ばれているのが、東京海上の通販型自動車保険のイーデザイン損保です。東京海上の経験が活かされているということで安心感があるのだそうです。
posted by Mr.投資信託やってます at 16:56 | TrackBack(0) | 日記
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/44677529
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック