2011年05月31日

海外リートが好調のようですね

毎月分配型投資信託の購入者に人気となっている
海外リートへ投資する投資信託ですが、
現在の世界経済の状況は
リートにとっては良い状況にあるようです。

リートのパフォーマンスを大きく左右するのは
不動産の賃料の状況であるそうで、
現在、先進国の不動産賃料は
景気がほどほどに良い状況が続いていることから
安定した収益を確保しているのだそうです。

また、現在、株式市場はあまり良い状況ではないですが、
この株式市場が落ち着けば、
さらにリートにとっては良い状況となるとのことです。

--------------------------------------

海外のREIT(不動産投信)に投資するファンドへの資金流入が続いている。世界の株式市場が調整色を強める中で、安定した運用成果が際立っている。特に毎月支払われる分配金金額の水準の高さが個人投資家に支持される大きな要因になっているようだ。活発に資金流入が続いている代表的なファンドの運用会社に、現在の海外REIT市場の運用環境を聞いた。

  日興アセットマネジメントが設定・運用する「ラサール・グローバルREITファンド(毎月分配型)」は、2011年3月末に5440億円だった純資産残高が5月26日には6500億円を超えた。2004年7月以来、分配金を毎月出しており、現在の分配金額は1万口あたり70円だが、これを払い出してなお、2ヶ月足らずの間に残高が1000億円以上拡大している。同社資産運用サポート部グループマネージャーの安永哲次氏は、「世界の経済成長率が年率4%程度で予測されている現在の経済状況は、賃料収入を主たる収益としているREIT各社には心地よい環境。当面は安定した運用成果が期待できる」としている。

(サーチナニュース - 2011年5月31日)
--------------------------------------

現在、電子マネーの利用額・取引件数共に伸びている状況にありますが、首都圏においては鉄道系の電子マネー利用が多く、PASMOやSuicaが人気となっています。Suica(スイカ)はクレジットカードでオートチャージするとポイントを有利に貯めることが出来る点、そして携帯電話でモバイルSuicaで利用できる点などがあり、PASMOより利用者が多いそうです。

posted by Mr.投資信託やってます at 13:51 | TrackBack(0) | 日記
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/45616280
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック