2011年09月19日

ブラジルレアルコースはやはり危ない?

分配型投資信託で通貨選択型が一時人気となり、
特にブラジルレアルコースを購入する人が多かったとの記憶がありますが、
そのブルジルレアルコースの基準価額が急落し、
資金も流出しているようです。

主な要因としてはブラジルレアルの為替レートが急落していることにあるようです。
5ヶ月間で18%も下落しているそうです。

ブラジルレアルコース選択で投資信託を保有している方は、
持ち続けるべきが手放すべきか迷っている人も多いと思います。

今後、為替レートが回復し、
オリンピックとサッカーW杯を控えていることから
経済成長も望めるところがあります。

しかし、持ち続けているところで分配金は下がる、
運用成績は悪化し資金も流出している、
迷うところだと思います。

----------------------------------------------------

分配金が高いことで人気の通貨選択型・投資信託「ブラジルレアルコース」の基準価額が急降下し、多額の資金が流出しているようです。

主な原因は、なんといってもレアルの為替レートが急落していること。今年4月に1レアル=54円まで高騰していたのですが、その後は一転してレアルが急落。今月は44円台を記録するなど過去5カ月で約18%も下落しました。

ブラジル当局は依然としてレアル高を徹底的に抑制するスタンスなので、投機筋が真正面からこれに歯向かって再びレアル買いを進めるかどうかは疑問ですから、レアル上昇の力はこれまでより弱まるかもしれません。ただ、将来的には再び世界経済が安定すれば、世界の投資マネーは低成長の先進国よりも、高成長が期待できるブラジルなどに投じられる動きはまた強まる可能性はあると思われます。

(サーチナニュース - 2011年9月16日)
----------------------------------------------------

今週末、来週末と三連休が続きますが、旅行などでお金を使い、懐具合が寂しくなった場合は、短期のキャッシングをすれば金利もあまりつかずに借りられます。
お薦めなのが、年収の3/1までという総量規制対象外の銀行カードローンのキャッシングです。
金利は総じて5%〜7%前後となっています。

ところで、ポイント獲得などの点でお得ということでスーパーでの買い物時にWAONやnanacoなどの電子マネーを利用する人もいると思いますが、スーパーで割引などのお得なクレジットカードを利用するのも良いです。
ほとんどのスーパーでは系列のクレジットカードがありますので、確かめてみると良いです。

posted by Mr.投資信託やってます at 00:20 | TrackBack(0) | 日記
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/48021979
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック