2012年02月07日

リスク管理型ETF

三菱UFJ投信がリスク管理型のETFを上場するとのことです。
リスク管理型ETFの上場は今回が初とのこと。

リスク管理型ETFとは、
変動性が高くなる局面において
株式部分を減らして現金部分を増やすことによって
リスクをコントロールするETFのようです。

ただし、株価が下落局面においては損失を抑えられる一方、
株価上昇局面では利益が限定されるという側面ももっているのだとか。

ということは、
大きな収益を求めるのではなく、
長期的に安定した運用をしたい場合に向くのが管理型ETFということになりそうですね。

----------------------------------------

相場下落時の損失を抑制することを目的とした異色のETF(上場投資信託)が国内市場に上場する。三菱UFJ投信は6日、「MAXISトピックスリスクコントロール(5%)上場投信」 <1567> を23日に東京証券取引所に上場すると発表した。リスク管理型の指数に連動する日本初のETFとなる。売買単位は10口で、信託報酬は年0.252%(税込)。

 今回設定されるETFは、ボラティリティ(変動性)が高くなる局面で株式部分(TOPIX)の割合を低くする一方、現金部分の割合を高めることでリスクをコントロールする。同ETFが連動する「TOPIXリスクコントロール指数(ボラティリティ5%)」の騰落率を見ると、過去1年間(12年1月20日現在)の下落率が4.92%となっており、同期間のTOPIXの下落率15.95%に比べて下値が大幅に限定されている。もっとも、同ETFは下落リスクが低減される一方、株価上昇局面では収益機会も限定される可能性があるため、短期的な値上がりを期待する場合は投資成果が得られにくいという。

(モーニングスター - 2012年2月7日)
----------------------------------------

大学生や高校生の方は卒業が近づき、車を購入するという人も多いのではないでしょうか。
東京近郊の方は首都高速を利用する機会も多いと思いますので、車の購入と同時にETCを搭載するといいです。ETC搭載にはETCカードの事前の準備が必要なのですが、丸井で買い物をする機会の多い人は、年会費無料のマルイ・エポスカードETCがお薦めです。ポイント付与や割引などの特典が豊富なのでお薦めなんです。

また、車購入をしたならば、自動車保険への加入も必須です。若い方は自動車保険料はなるべく節約したいと思いますが、そういう場合は、ダイレクト販売の通販型自動車保険が保険料が安いのでお薦めです。大手の代理店型に比較して約半額の保険料で契約できます。
posted by Mr.投資信託やってます at 14:13 | TrackBack(0) | 日記
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/53483247
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック