2012年10月29日

日本版ISA

投資信託の取引によって得られた利益には
税金がかかることはみなさん御存知だと思いますが、
その税率は本来20%であるけれども、
現在は暫定的に10%となっていますよね。

この税金が2014年度から、
日本版ISAという制度が導入されて、
100万円までは非課税いになるとのことです。

本来の税率20%に戻ることと同時に、
この日本版ISAが導入されるとのこと。

投資信託から得られる所得への課税について詳しく知りたい方は、
この日本版ISAもチェックしておくと良いです。

--------------------------------------

投資信託や上場株式等から生じる所得への課税は、本来20%であるところを現在10%とする優遇措置がとられています。ですが、これは、「お金持ち優遇」という批判があったんですね。というのも、投資額が大きければ大きいほど、優遇される金額は大きくなりますから、資産がたくさんある人にとって有利な点があります。この優遇措置は2003年から実施されているのですが、この措置を本来の20%に戻すことになっています。

ですが、これだけだと、「貯蓄から投資へ」という流れが、断ち切られてしまうことにもなりかねません。それで、20%に戻すのとセットで、増税への軽減措置として、2014年から、毎年100万円までの少額の投資を非課税にする「日本版ISA」が導入されることになったのです。

法案自体は2年前の2010年の通常国会で通っています。本来は2012年に始まる予定でしたが、2011年6月に2年間導入を延期する法案が通って、2014年から導入されることになりました。

(マイナビニュース? - 2012年10月26日)
--------------------------------------

posted by Mr.投資信託やってます at 15:12 | TrackBack(0) | 日記
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/59633307
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック