2019年11月16日

高校の家庭科で「投資信託」授業

2022年の4月から
高校の家庭科の授業で
投資信託について学ぶようになるとか。

家庭科で? と思いましたが、
家計管理などを教える家庭科の授業でとのこと。

家庭科の先生が、
株式や債券、投資信託など基本的な金融商品の特徴を教えることになる、
とありましたが、
家庭科の先生じゃ無理でしょ。

だって知識がないでしょうし、
これから学ぶとしても全ての家庭科の先生が
金融の勉強をしてもちゃんと理解できるのかという疑問があります。

どうせ授業で金融を教えるのなら、
専門家の人たちを呼んで授業をしてもらった方がいいのでは。

先生にということなら、
家庭科の先生よりは
数学の先生の方がまだ向いているのでは。
posted by Mr.投資信託やってます at 11:13 | TrackBack(0) | その他投資全般

2019年11月05日

テーマ型投信からの資金流出

2019年の年初から9月末までで、
国内公募株式投資信託(ETF、ラップ・SMA・DC専用などを除く)の
資金流出額を調べたところ、
テーマ型ファンドからの流出が目立った、
という記事がありました。

資金流出ランキングで
2位から6位までがロボットや人工知能(AI)、
電気自動車(EV)など特定のテーマに沿った銘柄に投資する
テーマ型ファンドだったそうです。

テーマ型ファンドは、
その産業の好不調に大きく影響を受けるので、
長期投資には向かないと言われていた気がしますし
今までも過去にテーマ型ファンドは、
運用が低調になったことがしばしばありましたよね。

エネルギーとかインフラとか農業関係とか、
私が投資信託へ興味を持ち始めたころには
このようなテーマ型ファンドが注目されていました。

今では、運用が良くないとききます。

なので、私は、テーマ型ファンドはスルーです。
posted by Mr.投資信託やってます at 14:26 | TrackBack(0) | その他投資全般

2019年10月30日

日経平均2万3000円超え

昨日だったか、日経平均が、
久しぶりに2万3000円を超えてましたよね。

日本株が上がる要因もそれほどない気もするし、
日本経済が良くなっているというニュースも聞かないですし、
なぜに今上がっているのかと疑問でした。

そしたら、外国人投資家が
買い戻しているのだそうです。

そうだとして、どうして、
外国人投資家は今のタイミングで
買い戻しているのか?

他に投資先があまりなくて、
消去法で日本株が選ばれているということか?

個人的には日本株インデックスファンドの積み立ては
2年前だったかに一旦停止しているので、
上がってくれればそれで含み益が上がるのでうれしいけれど、
今、解約して現金化するのではないので、
結局のところ、どちらでもいいわけでもあります。
posted by Mr.投資信託やってます at 13:46 | TrackBack(0) | その他投資全般

2019年10月14日

台風災害の影響で火災保険や自動車保険料金が上がるかもですね

投資信託関連のことではないですが
今回の台風19号の被害、
とても広範囲に及んでいますね。

ここのところ、毎年のように、
台風などの災害が起きていますが、
今回は一回の台風での被害規模が
とてつもなく広いので、
今後の火災保険、損害保険、自動車保険などの
保険料が値上げされるのではないでしょうか。

昨今は、毎年のように
自然災害が起こっているので、
いろいろな保険料が上がるとの記事を
少し前に読んだ記憶があります。

今回の台風19号の災害で、
さらに保険料値上げとなるかもしれませんね。
posted by Mr.投資信託やってます at 13:57 | TrackBack(0) | その他投資全般

2019年10月02日

金価格が上がっている

私は、マネックス証券で、
マネックスゴールドの積み立てを
ちまちまとしているのです。

ずうっと、運用はマイナスでした。

それが、今年に入って、
はじめてプラス運用になっています。

投資信託を積立投資するときに、
いろいろと自分なりに勉強した時に
分散投資が必要ですよということで、
株式投資信託の他にもと考え、
金の積み立て購入もはじめたのです。

できれば、リートとかで
不動産投資もして分散を広げるといいのでしょうが、
いまのところ不動産投資はしていないのですよね。
posted by Mr.投資信託やってます at 22:11 | TrackBack(0) | その他投資全般

2019年09月22日

ガソリンが値上がりしてる

原油価格が落ち着いたので
ガソリンの値段も灯油の値段も
上がらなくてすむのかなと思っていましたし、
実際に、ガソリンは2円ほど値上がりした程度だったのです。

しかし、昨日、10円ほど一挙に値上がりしていたので
ちょっとビックリしました。

今日は、昨日より4円値下がりしていました。

ガソリン給油のタイミングで、
値段がかなり違うのは困りますよね。

ネットでガソリン価格に関する記事をチェックしてみましたが、
先週の時点でガソリン価格の値上がりは来週か、
というのが大方の見方でした。

その見方も誤っているのか、
あるいは私が住むエリアだけが早く値上がりという反応をしているのか。

いずれにしろ、
ガソリンも灯油も値上がりしてほしくないですね。

消費税も上がることですし。

誰かが行っていましたが、
今回のサウジの石油施設攻撃で喜んでいるのは、
石油で商売している人と
武器を売って商売している人たちだと。

なんともため息がでる世界です。
posted by Mr.投資信託やってます at 14:46 | TrackBack(0) | その他投資全般

2019年09月18日

原油先物価格が落ち着いた

サウジアラビアの石油生産基地が
何者かによって攻撃をされ
施設に大打撃を受けたことから、
世界の原油先物市場で価格が急上昇していました。

それが、今日になって、
破壊された石油施設が
月内に100%回復するとサウジが発表したことで
原油先物価格が下落したということです。

これで少しは安心です。

世界経済への影響もそうですが
日常生活ではこれから冬に向かうので、
灯油価格は上がらないでいて欲しいのですよね。

月曜日にはガソリン価格が
さっそく2円上がっていましたが、
明日はどれくらいの価格になつているか。
下がっていればいいりですがね。
posted by Mr.投資信託やってます at 20:43 | TrackBack(0) | その他投資全般

2019年07月19日

かんぽ生命の不正勧誘

かんぽ生命の職員が
保険販売の際に、
自分の利益優先で
お客に不利益を与えたということで
問題になったいます。

過度なノルマが問題が起こった根底にある
とも言われています。

郵便局は局員たちに
年賀状販売で自爆購入をさせていたことも問題になりました。

投資信託の販売においても、
販売手数料が高い投信を販売していた
ということもありましたよね。

これも、自分の販売成績を
お客の利益より優先させた事例です。

ゆうちょ関係は
こういう構造的な問題こそが
是正していかなければならないのでは。
posted by Mr.投資信託やってます at 20:39 | TrackBack(0) | その他投資全般

2019年05月15日

貯まったポイントを投資信託で運用

貯まったポイントを投資信託で運用して増やす、
というサービスがなかなかの人気なのだそうです。

わたしが知っているのは、
セゾンカードの永久不滅ポイント、
dカードのdポイント、
楽天の楽天スーパーポイントが、
ポイントでの投資信託運用をしているはずです。

セゾンカードとdカードは、
4種類ほど投資信託が用意されていて、
任意で好きな投資信託を選んでポイントで投資する。

そして、運用が上手くいこうが失敗しようが、
運用先からポイントを引き出して
ポイントとして使うことができます。

一方、楽天スーパーポイントは、
グループ会社の楽天証券に口座を開設して、
1ポイント=1円分として数ある投資信託から選び
投資することができるとしいうもの。

こちらは、お金として投資し、
運用してた投資金はお金として引き出します。

ポイントなら投資に失敗して少々失ってもあまり痛くないと思いますので
手始めとしてポイントでの投資信託投資をしてみてもいいかもしれませんね。
posted by Mr.投資信託やってます at 21:43 | TrackBack(0) | その他投資全般

2019年02月03日

昨年の投資はマイナス

昨年の年初から、
それまで積立投信をしていた2万円分を、
1万円はイデコで、
1万円はつみたてNISAで、
と変更をしたのですが、
昨年の運用成績はどちらもマイナスとなりました。

12月に世界の株価が下落したことによるマイナスですね。

そういえは、12月の世界的な株価下落で、
GPIFは14兆円ものマイナスをしたようですよね。

目がくらむような金額です。
それでも、通期ではプラスということなので
胸をなでおろしますが、
私たちの年金ですからね。

それはそうと、自分のイデコもつみたてNISAも
長期での運用ですので、
昨年末に下落したからと言って
とくに動くことなく、
今までどおり積み立てていくわけです。

今、株価が下がって多少運用成績が悪くても、
売却して現金にするタイミングで
なるべく大きなプラスになっていればいいわけですよね。
posted by Mr.投資信託やってます at 15:38 | TrackBack(0) | その他投資全般

2018年10月15日

証券会社へのマイナンバー登録

投資信託など証券会社に口座を持っていたり、
あるいは銀行で投資信託を購入している人は、
金融機関からのマイナンバーの登録をするように
連絡が届いていると思いますが、
思いのほか、登録が進んでいないようです。

証券会社の個人口座のマイナンバー取得率は、
50%を切るのだそうです。

私は、ネット証券会社ですから
口座へログインするとマイナンバーの登録について表示されていて、
バカ正直に登録をしました。

それも慌てて登録したんですよね。

なのに、半数も登録していないなんて、
私も慌てて登録することはなかったんだと思っちゃいます。

登録が必要ならもっと徹底的に
登録を促せばいいではないですか。

なんか、登録した人が
登録損ということになるようなら
ホント、バカ正直に登録するんじゃなかった
と思っちゃいますよね。
posted by Mr.投資信託やってます at 13:56 | TrackBack(0) | その他投資全般

2018年07月28日

「グロソブ」が1/10に

このブログを書き始めたのは2007年でしたので、
まだリーマンショック前のことだったと思います。

その頃、日本で投資信託と言えば、
年金で生活をしている人たちが、
年金以外の収入を得る一つの方法として、
毎月分配型投資信託を購入している人が多くて、
毎月分配型投信が全盛期で、
中でも「グロソブ(グローバルソブリン)」が
ものすごい資金を集めていたものでした。

その「グロソブ」が、
残高が最盛期の1/10になっているそうです。

日本における投資信託を購入する層も、
年金世代からもっと下の世代へと移りつつあり、
若い世代の方たちが選ぶ投資信託も違うものになっています。

インデックスファンドやバランスファンドを
積立購入するのが主流になりつつあります。

販売手数料が無料のノーロードで
信託報酬も低いもの、
そういう投信こそ投資効率が良い
という認識が広がっているのだと思います。

日本の投資信託購入も、
欧米型に近い長期保有スタイルへと変わりつつありますよね。
posted by Mr.投資信託やってます at 15:04 | TrackBack(0) | その他投資全般

2017年07月09日

NISAのマイナンバー提出が伸びていない

NISA口座を持っている人たちはマイナンバーの提出が求められていますが
その提出が進んでいないようですね。

提出を怠った場合、
年間120万円の非課税が受けられなくなるようです。

おそらくNISA口座の持ち主には
金融機関から連絡がいっていると思うのですが
提出するのが面倒だ、
あるいは提出したくない、
という人が案外多いのかもしれないですね。

私はNISA口座を使っていませんが、
積立投信をしている金融機関からマイナンバーの提出を
提出してくださいとの連絡がありました。

NISA口座ではないので任意的でしたが、
私は口座の住所変更があり、
そのためにはマイナンバー提出が必須なので、
提出はしました。

私も、住所変更がなかったら
たぶん、スルーしていたと思います。

国に隠しておきたいというほどの資産ではありませんが、
なんか積極都的に提出したいとは思いませんよね。

ただ、NISA口座の方は非課税でなくなるようですので、
マイナンバーの提出はしておいた方が良いかもです。
posted by Mr.投資信託やってます at 15:04 | TrackBack(0) | その他投資全般

2017年03月15日

「iDeCo(イデコ)」ってどうなんだろう

iDeCo(イデコ、個人型確定拠出年金)について、
新聞記事や経済系の雑誌などで目にすることが多くなりましたね。

これからは、自分の年金は自分で積み立てていってね、
という政府からのメッセージがわずかながら含まれているように感じるのは、
私だけでしょうか。

イデコの掛け金は全額所得税控除になりますし、
イデコで運用した投信の利益は非課税になりますし、
この2つ以外にも税金が優遇されるようです。

ですから、積立投信をしているのでしたら、
イデコで積立投信をやった方が断然お得なんですよね。

ただ、イデコで積み立てた投信は、
満60歳になるまで解約することができないという制限があるようです。

私のように、年金収入を補完する目的で投信積立をしているのなら、
60歳前に解約するつもりはないので、
イデコにした方が良いかもとちょっと悩んでいます。

今、私は、3つの投信を各々毎月1万円ずつ積立購入しています。

この3つのうち、1本か2本はイデコにして、
もし何かの時に解約して現金化するために、
1本はイデコにしないでいつでも解約できる状態で積立し続けようか、
と考えているところです。
タグ:イデコ
posted by Mr.投資信託やってます at 21:43 | TrackBack(0) | その他投資全般

2016年08月23日

確定拠出年金はやるべきか

確定拠出年金、最近、目にする機会が増えた気がします。

特に目につくのが節税になるということ。

■現役世代のときに掛金が所得控除となる。
■年金運用で利益が出たとき、それが非課税となる。
■年金として受け取る時も、所得税、住民税の優遇措置が受けられる。

このように、3度にわたって節税ができるようです。

確定拠出年金の投資先商品として投資信託もあるので、
今、積み立て購入している投資信託と似た投資先の投信を確定拠出年金にみつけて
投資するといいのではないか、と私は思ったのです。

しかし、確定拠出年金は、60歳以降にならない引き出し出来ないということ。

もちろん、今、私が積立購入している投信も、
60歳以降、あるいは65歳以降まで引き出すつもりはないのですが、
もし、何かあって、お金が必要になった時は、
積み立てている投信を引き出しに使うかもしれません。

人生、何があるか分かりませんからね。

ですので、確定拠出年金で投信を購入していく、
というのは、パス、という結論にいたりました。

お金に余裕があって、
60歳まで引き出し出来なくても構わない、
という方は、節税にもなりますので
確定拠出年金で投信を購入していく、
ということを考えてもいいのでは。
posted by Mr.投資信託やってます at 15:12 | TrackBack(0) | その他投資全般

2015年12月15日

原油価格の下落

原油価格が下がって来ていて、
一人の生活者としてはガソリンや灯油が安くて大変助かっています。

しかし、世界全体の経済で見ると、
必ずしも原油価格の低迷は良いことではないと言われていますよね。

原油価格が安いと、電力の料金も安くなりますし、
輸送費用の削減にもつながります。
繊維各国の企業も経費の削減になるので良いのではないかとも思うのですが、
そうとばかりも言われないようですね。

産油国の収入が減るので、
産油国の経済が縮小し、製品輸入などが減る、
という裏の負のスパイラルもあるようです。

日経平均も1万9千円を割っているようですが、
これは原油価格とあまり関係ないのではないでしょうかね。

日本株を買いざさえていたと言えなくもないGPIFや日銀が、
日本株を購入する枠を使ってしまってかえざさえが出来なくなった、
よって日本株が下がっているのかな?
タグ:原油価格
posted by Mr.投資信託やってます at 11:10 | TrackBack(0) | その他投資全般

2015年07月11日

上海株、持ち直し?

前回の投稿後に、上海株が一時大きく落ちましたが、
政府がコントロール介入した模様で、
昨日あたりは上昇に転じて持ち直しているようです。

が、しかし、政府のコントロールによる持ち直しですから、
依然としてバフル崩壊の危機は存在するわけでして。

その危機を、政府が株価コントロールをしつつ、
いかに少しずつ取り除いていくか、
ということになるのでしょうね。

もちろん、コントロールしきれずにバブル崩壊もなきにしもあらずでしょうが、
バブルが完全にはじけると、
共産党政権維持に危機がともりかねないでしょうから、
ここは必至でコントロールするのでは。

とはいえ、現在の習政権は腐敗撲滅によって
政敵も反撃のチャンスをうかがっているでしょうから、
その勢力がバブル崩壊へと加担する、ということもなきにしもあらず?

とにかく、中国経済がガタガタになると世界経済への影響も計り知れないでしょうから、
今後の上海株の動向が注目されますね。
タグ:上海株
posted by Mr.投資信託やってます at 11:41 | TrackBack(0) | その他投資全般

2015年06月18日

上海株、3%超の下落

ここのところ好調な値上がりを続けてきた上海株がも
16日に3%超の下落をしたようですね。

上海株は、中国経済が軟調になっているのを尻目に、
どんどん株価を上げてきていましたが、
これはバブルだという記事をちょくちょく目にしていました。

そのバブルがいつはじけるのかという見方もあるようですが、
今回の3%超の下落ではバブルがはじけたというほどのことでもないような気がします。

中国ですから、
中央政府がコントロールしようと思えばできると言われていますので、
上海株のバブルもそのコントロールの力で
上手にランデイングさせるのでしょう。

が、しかし、中国経済がひっくり返らない程度に
上海株の大きな下落はいつか来るわけですから、
中国株関連へ投資している人は注意しているほうが良いのかも。
タグ:上海株
posted by Mr.投資信託やってます at 16:08 | TrackBack(0) | その他投資全般

2014年11月21日

かけこみNISA

NISAの枠は1年単位で、
2014年分は来月の12月までの投資分となっていることから、
金融機関各社はNISAでの投資を促す宣伝にやっきになっていますよね。

12月はちょうどボーナス支給月でもありますし。

それと、NISA口座は開設したけれど、
実際の投資はしていないという人もかなりいるようです。

日本の株式も米国の株式も今は好調ですので、
株を買ってもいいですし、株式投資信託を買ってもいいですよね。

とはいっても、私は、NISA口座を使っていません。

通常の口座で投資信託を積立購入しています。

中長期的に投資信託を積立購入する人にとって、
NISA口座はどういうメリットがあるのかよくわからないんですよね。
タグ:ボーナス NISA
posted by Mr.投資信託やってます at 21:30 | TrackBack(0) | その他投資全般

2014年07月23日

テーマ型投資信託はブームの場合も

テーマ型投資信託、農業や資源など分野を絞って、
その分野の企業などへ投資する投資信託ですが、
以前からこのようなテーマ型投資信託はあって、
一時的なブームや話題でそれらの投資信託へ投資するのは、
あまり好ましくないということです。

例えば、過去に、バイオやマルチメディア関連の
テーマ型投資信託があり、
それらの多くが短命で終わっているということです。

今では、シェールガス、シェールオイル関連の
テーマ型投資信託がちょっとしたブームなのでは。

テーマ型投資信託、確かに目を引かれるところがありますが、
もし投資をするのならば、
ブームが終わらないうちに売りぬくことを考えながらの方が良さそうです。

-----------------------------------------------------------

テーマ型投信は結構古くからあります。例えばバイオブームだった1984年ごろにはバイオ関連企業に投資するファンドが林立。さらに85〜86年には「マルチメディアファンド」なるものが登場し、電機やIT銘柄の株式を対象に運用するものがいくつも出てきたのです。

 ところが、こうしたテーマ型投信の多くは非常に短命に終わっています。もちろん生き残っているものもありますが、長い期間にわたって大きく育ったファンドはほとんどないといっていいでしょう。

(日本経済新聞-2014年7月14日)
--------------------------------------------------------------
タグ:テーマ型
posted by Mr.投資信託やってます at 16:23 | TrackBack(0) | その他投資全般