2019年11月22日

つみたてNISA 延長へ

つみたてNISAの制度が延長される方向のようです。

現行では2017年にむはじまったので
20年後の2037年に終了する予定でしたが、
いつはじめても20年間は非課税ということになるとのこと。

年金2000万円問題がでてきて、
幸か不幸か、若者の間にも自分年金として
イデコやつみたてNISAをはじめる人が増えているのですから、
この機運をそがないためにも
つみたてNISAの原則いつはじめても20年間は非課税
という制度にしてもらいたいものですね。
posted by Mr.投資信託やってます at 11:00 | TrackBack(0) | つみたてNISA

2019年11月16日

高校の家庭科で「投資信託」授業

2022年の4月から
高校の家庭科の授業で
投資信託について学ぶようになるとか。

家庭科で? と思いましたが、
家計管理などを教える家庭科の授業でとのこと。

家庭科の先生が、
株式や債券、投資信託など基本的な金融商品の特徴を教えることになる、
とありましたが、
家庭科の先生じゃ無理でしょ。

だって知識がないでしょうし、
これから学ぶとしても全ての家庭科の先生が
金融の勉強をしてもちゃんと理解できるのかという疑問があります。

どうせ授業で金融を教えるのなら、
専門家の人たちを呼んで授業をしてもらった方がいいのでは。

先生にということなら、
家庭科の先生よりは
数学の先生の方がまだ向いているのでは。
posted by Mr.投資信託やってます at 11:13 | TrackBack(0) | その他投資全般

2019年11月09日

バランス型投信が人気

バランス型投信に個人のマネーが集まっているそうです。

9月の末に残高が
はじめて10兆円をこえたのだとか。

おそらく、積立投信とか、
つみたてNISA、イデコでの購入が増えているのでは。

私も、最初に積立をはじめたのは
バランス型投信のセゾン・バンガード・グローバル・バランス・ファンドでした。

もちろん、今でも、積立購入を続けています。

私が、セゾン・バンガード・グローバル・バランス・ファンドの
積立購入をはじめたりは、
ちょうどリーマンショック後のことでしたので、
現在の運用成績はかなり良い状況です。

もし、私が、誰かに、
これから投資信託を積立購入したいけれど
どの投信がいい? と聞かれれば、
やはりバランス型投信をすすめます。

セゾン投信でなくてもいいので、
バランス型投信がいいよ、と。
posted by Mr.投資信託やってます at 14:43 | TrackBack(0) | 投資信託全般

2019年11月05日

テーマ型投信からの資金流出

2019年の年初から9月末までで、
国内公募株式投資信託(ETF、ラップ・SMA・DC専用などを除く)の
資金流出額を調べたところ、
テーマ型ファンドからの流出が目立った、
という記事がありました。

資金流出ランキングで
2位から6位までがロボットや人工知能(AI)、
電気自動車(EV)など特定のテーマに沿った銘柄に投資する
テーマ型ファンドだったそうです。

テーマ型ファンドは、
その産業の好不調に大きく影響を受けるので、
長期投資には向かないと言われていた気がしますし
今までも過去にテーマ型ファンドは、
運用が低調になったことがしばしばありましたよね。

エネルギーとかインフラとか農業関係とか、
私が投資信託へ興味を持ち始めたころには
このようなテーマ型ファンドが注目されていました。

今では、運用が良くないとききます。

なので、私は、テーマ型ファンドはスルーです。
posted by Mr.投資信託やってます at 14:26 | TrackBack(0) | その他投資全般

2019年10月30日

日経平均2万3000円超え

昨日だったか、日経平均が、
久しぶりに2万3000円を超えてましたよね。

日本株が上がる要因もそれほどない気もするし、
日本経済が良くなっているというニュースも聞かないですし、
なぜに今上がっているのかと疑問でした。

そしたら、外国人投資家が
買い戻しているのだそうです。

そうだとして、どうして、
外国人投資家は今のタイミングで
買い戻しているのか?

他に投資先があまりなくて、
消去法で日本株が選ばれているということか?

個人的には日本株インデックスファンドの積み立ては
2年前だったかに一旦停止しているので、
上がってくれればそれで含み益が上がるのでうれしいけれど、
今、解約して現金化するのではないので、
結局のところ、どちらでもいいわけでもあります。
posted by Mr.投資信託やってます at 13:46 | TrackBack(0) | その他投資全般

2019年10月26日

星野リゾート・リート

星野リゾードのリートがあるのですね。

そういえば、以前に、
目にしたことがある気が。

星野リゾートって安定して成長してるイメージがあります。
(あくまでもイメージです)

投資は分散して投資しましょうと言われています。

日本株投信、先進国株投信、
米国株投信、新興国株投信、
バランス型投信で国内債券と海外債券、
そして、ゴールドの積み立てと、
自分なりに分散投資はとているのですが
不動産投資はしていないのです。

以前から、不動産投信で投資しようと思っているのですが、
いまだに実行していません。

なので、リートについて記事などをチェックしていたら
星野リゾート・リードの記事があったのです。

星野リゾートなら成長性が望める気がするので、
興味をもったのです。
posted by Mr.投資信託やってます at 14:35 | TrackBack(0) | 不動産投信

2019年10月22日

Pontaポイントもポイント運用できる

ポイントカードやクレジットカードで貯まるポイント、
貯まったポイントを運用や投資に使える制度導入する例が増えています。

今回は、
ポンタポイントの運用について、
ちょっとご紹介を。

Tポイントと並んで、
共通ポイントの両雄的であったポンタポイントも、
ポイント運用ができるようになっています。

Pontaポイント運用サービスに会員登録すると、
ポイントの運用を始められるようになります。

投資対象は、
個別銘柄はポンタポイント関連企業の
ゲオホールディングス
日本航空
三菱UFJフィナンシャル・グループ
リクルートホールディングス
ローソン
となっています。

ETFやREITは
上海株式指数・上証50連動型
ダウ・ジョーンズ工業株30種平均
日経平均ダブルインバース・インデックス連動型
ジャパンリアルエステイト投資法人
原油インデックス上場
純金上場信託
となっています。

今後、投資対象銘柄やETF、REITは増える予定だそうです。

個人的には、
リートで不動産に投資できたり
原油に投資できるのは興味深いです。

運用したポイントは、
いつでも運用をやめて
ポイントとして使うことができます。
posted by Mr.投資信託やってます at 15:08 | TrackBack(0) | ポイント運用

2019年10月18日

AI関連の投資信託

これから発展しそうな産業やテクノロジーの一つに
「AI」や「自動車自動運転」「ビッグデータ関連」「iPs細胞関連」
などを思いつく人は多いのではないでしょうか。

それでAI関連に投資する投資信託はあるのかと思って
ネットでチェックしてみましたら
AI関連のテーマ型ファンドってあるのですね。

たとえば、
ニッセイAI関連株式ファンド
野村グローバルAI関連株式ファンド
この2本はすぐに目につきました。

以前、インフラ関連、
農業関連、エネルギー関連
とかのテーマ型ファンドはけっこう人気になったのですが、
軒並みマイナス運用になったという記憶があります。

テーマ型の投資信託を購入するのなら、
年金を補完するために積み立てる投資信託としてではなく、
ちょっと冒険的な投資として購入してみるというスタンスが良いのではと個人的には思います。
posted by Mr.投資信託やってます at 13:50 | TrackBack(0) | 投資信託全般

2019年10月14日

台風災害の影響で火災保険や自動車保険料金が上がるかもですね

投資信託関連のことではないですが
今回の台風19号の被害、
とても広範囲に及んでいますね。

ここのところ、毎年のように、
台風などの災害が起きていますが、
今回は一回の台風での被害規模が
とてつもなく広いので、
今後の火災保険、損害保険、自動車保険などの
保険料が値上げされるのではないでしょうか。

昨今は、毎年のように
自然災害が起こっているので、
いろいろな保険料が上がるとの記事を
少し前に読んだ記憶があります。

今回の台風19号の災害で、
さらに保険料値上げとなるかもしれませんね。
posted by Mr.投資信託やってます at 13:57 | TrackBack(0) | その他投資全般

2019年10月10日

つみたてNISAも延長へ

つみたてNISAって投資期限が2037年になっているのですね。
知らなかったというか、
読んだ記憶があるのだけれどすっかりと忘れていました。

その、つみたてNISAについてですが、
延長、または恒久化する方向のようです。

もしそうなってくれればうれしいですね。

現在、つみたてNISAの投資期限が2037年になっているので
今年つみたてNISAをはじめた人は19年しか利用できない、
来年から始める人は18年しか利用できない
ということになるのです。

政府は自分年金をあんに進めているで
イデコやつみたてNISAという非課税制度を設けて
投資をしてくださいと言っているわけでもありますから
せっかく若い世代の人たちもつみたてNISAで積立投信を買うようにもなっているのに、
つみたてNISAが時限的であるというのは意欲を落とすことになりかねませんからね。

つみたてNISAについては、
恒久化するのがいいと個人的には思います。
posted by Mr.投資信託やってます at 15:39 | TrackBack(0) | つみたてNISA