2014年01月21日

NISAの欠点

今年に入ってNISA口座サービスが始まりました。
私は、NISA口座はどこの証券会社でも開設していません。

投資信託を購入している会社は2社、
セゾン投信とマネックス証券です。

それともう一社、楽天証券にも口座を持っています。

でも、どこの会社でもNISA口座は開設していません。

上限100万円まで利益に関しては非課税というメリットは分かるのですが、
デメリットもいろいろ言われていますし、
私は、今後、おそらく10年以上は資産形成のために投信を買い続け、持ち続けるつもりですので、
NISAはとりあえず10年限定でということですよね。

だから、私は、NISA口座を開設する必要もないかなと思っています(今のところは)。

デメリットはいろいろあるらしいですので、
安易にNISA口座にしない方が良さそうという声も聞きます。

-------------------------------------------

NISAには致命的な欠点があります。最長の投資期間である5年を経過した時に損が発生していると、損益通算や損失の繰越が出来ないばかりか、「その時点の価格が取得価格」となってしまう事です。これはどういう意味かというと、100万円で投資した株が、非課税期間終了時に80万円になっていたとします。すると、このケースでは80万円で取得した事になります。低い価格で取得したことになれば、その分売却時の利益が増えて税金が余計に掛かってしまいます。たとえばその後120万円で売った場合、差額の40万円が利益となり、税金は8万円です。本来ならば取得価格は100万円ですから、20万円の利益で4万円の税金のはずが、余計に4万円も取られているわけです。

しかも、これは利益が出ているのでまだマシなケースです。本来ならば損をしている90万円で売ったとしても形式上は10万円の利益が発生しているとみなされ、税金も取られてしまうわけですから、踏んだり蹴ったりです。

(BLOGOS-2014年1月7日)
--------------------------------------------------
タグ:非課税 NISA
posted by Mr.投資信託やってます at 15:25 | TrackBack(0) | その他投資全般

2013年12月18日

今年上がった投信は日本株投信

今年上がった投信、
つまり騰落率が高かった投信のランキング上位は、
ほぼ全て日本株関連の投資信託ということです。

去年の暮れ頃の日経平均は9000円前後だったものが、
今現在は1万5000円前後ですからね。

日経平均でも5割以上の値上がりとなったわけですから
日本株投信が騰落率が高かったのはわかります。

中小株や成長株へ投資する投資信託では、
日経平均以上の利益を得ていると思います。

日本株限定で投資する投資信託以外、
バランス型投信も日本株が上がりましたし、
米国株も上がっていますので
かなり利益を含んでいるのではないでしょうか。

--------------------------------------------------

今回紹介するのは、国内全公募投資信託を対象にした過去1年間の騰落率ランキングだ。3カ月前と同様、誌面に掲載した上位15本は、全て日本株式関連だった。国内株式相場の好調さを如実に表す結果といえる。


騰落率首位は前回と同じく「JASDAQ─TOP20指数ファンド」。同投信も含め、中小型株に特化するタイプが上位に7本食い込むなどランキングを盛り上げた。

(日本経済新聞-2013年12月16日)
--------------------------------------------------
posted by Mr.投資信託やってます at 17:04 | TrackBack(0) | 日本株投信

2013年11月20日

医療・介護関連のリート

大和証券グループが医療・介護施設へ投資する不動産投資信託(REIT)へ参入するそうです。

来秋をめどに上場ということですので、
ちょっと先の話になりますが、
医療・介護分野の施設は今後増加をしていかなければいけないですし、
そういう日本の将来像を見据えたうえで、
この不動産投信に期待して投資してみようかと思う方は多いのでは。

介護施設は依然として不足しているようですし、
病院も医師不足の不足、地方での病院施設の不足が問題視されていますので、
この投資信託で集めた資金が有効に使われるのでしたら、
それらの本題の解決の一助にもあるかもしれないという社会貢献的な側面も持つ投資とも言えそうですよね。

----------------------------------------------

大和証券グループ本社は投資会社のエイ・アイ・ピー・ジャパン(AIPジャパン)と組み、有料老人ホームなどに投資するヘルスケア専門の不動産投資信託(REIT)に参入する。資産規模は300億〜500億円を見込み、来年秋をめどに東京証券取引所への上場を目指す。政府は今後、同分野専門のREITを解禁する見通しで、三井住友銀行などが準備している。証券大手の参入で裾野が広がりそうだ。

(日本経済新聞-2013年11月15日)
-----------------------------------------------
posted by Mr.投資信託やってます at 16:06 | TrackBack(0) | 不動産投信

2013年10月20日

投信選びは「100−自分の年齢」がいいそうです

投資信託を購入際にリスクの分配が大切だと言われています。

例えば、株式へ投資する投信と、債券へ投資する投信の両方へ半分ずつ投資するとか。

株式でも債券でも、さらに、国内のものか、先進国のものか、新興国のものかありますので、それらに分散して投資してリスク分散します。

それで、リスク分散のための分散投資の割合はどうすれば良いのか、と思っている人も多いですよね。

私も、ちょうど良い割合はどうなんだろうと思っていました。

そこで、一つの考え方として、「100−自分の年齢」で考えるといいそうです。

-----------------------------------------------

帰宅後、迷った末にAさんが選んだのはTOPIX連動型のインデックス投信と主に国内外の債券で運用する投信。配分は「100から年齢をひいた数字の割合を株式で持つのが目安」(投資信託事情の島田知保編集長)という指摘を参考にする。30歳なら株式を70%と債券を30%、60歳なら債券を60%にする。若い世代はより長期間運用できるため、多少リスクをとっても株式を多めにする。一方、高齢者は資産が大きく減るリスクがある株式を避け、債券を厚くするのが王道とされる。

(日本経済新聞-2013年10月12日)
----------------------------------------------
posted by Mr.投資信託やってます at 16:40 | TrackBack(0) | 投資信託全般

2013年09月17日

日本株関連が上位を独占

過去1年の騰落率ランキングで
日本株関連の投資信託が上位を独占したそうです。

上位15本がすべて日本株関連の投資信託となったとのことです。

特にジャスダックへ投資する投資信託の騰落率はすごかったようです。

三井住友の「ジャスダックトップ20指数ファンド」は
1年間の騰落率が494.55%です。

純資産総額が18億円ほどの小さいファンドですが
この投信へ投資していた方はすばらしいリターンを得ているということになりますね。

日本株はここ1年、日経平均で5000円ほど上昇していますから
日本株関連投資信託を2・3年前から購入して持ち続けていた方は
みなさんそれなりのリターンを得ていますよね。

2020年の東京オリンピック・パラリンピックも決定し、
インフラ整備や外国からの観光客増加なども見込まれ、
2020年までに日本が大きな震災に見舞われない限りは
さらなる株価上昇もありえるのではないでしょうか。

来年の消費税増税で経済の腰折れがないかも少しは心配ではありますが。

----------------------------------------------

今回は国内全公募投資信託を対象にした過去1年間の騰落率ランキング(2013年6月末時点)を紹介する。上位15本は全て日本株関連。中小型株に特化するタイプが目立ち、指数連動型や通貨選択型も含めると15本中7本に上った。他に、3位の「証券ジャパン日本株オープン」など、中小型株にも積極的に投資する投信も上位に入った。

アベノミクスによる景気回復期待で、日経平均株価と東証株価指数(TOPIX)はともに1年間で約5割上昇。新興市場はさらに堅調で、ジャスダック市場全体の値動きを示すジャスダック指数は約7割も上昇した。首位の投信が連動を目指す「JASDAQ─TOP20指数」の上昇率は526%だ。

(日本経済新聞-2013年9月15日)
---------------------------------------------
posted by Mr.投資信託やってます at 15:43 | TrackBack(0) | 日本株投信

2013年08月22日

楽天証券が、投信の基準価額等メール通知

ネット証券会社の楽天証券が、
投資信託の基準価額や分配金などを通知するサービス
「投資信託自動メール」を今月下旬から開始するそうです。

投資信託を保有している方なら、
基準価額の変化や分配金についてもっと頻繁に知りたいという方は案外多い気がします。

投資信託を保有していると、
運用成績などについて、
月に1度程度の割合でメールなどでお知らせがありますが
値動きが激しいときなどはもっと短いスパンで知りたいと思うことがありますからね。

楽天証券の「投資信託自動メール」は、
メール頻度などについて自分で任意の設定ができるとのこと。

他の証券会社で投資信託を購入して保有している方も、
そのようなサービスを欲しいと思う人は多いのではないでしょうか。

---------------------------------------------------

楽天証券はこのたび、投資信託の基準価額や分配金の支払い状況などを電子メールで知らせる「投資信託自動メール」サービスを8月下旬(予定)からスタートすると発表した。

同サービスでは、保有している投資信託の分配金支払い情報や顧客自身で設定した投資信託の基準価額などをメールで知らせる。その他、あらかじめ目標基準価額(上昇・下落)を設定することで、保有した投資信託が目標基準価額に到達した時点で通知される。

(マイナビニュース-2013年8月20日)
---------------------------------------------------
posted by Mr.投資信託やってます at 15:25 | TrackBack(0) | 投資信託全般

2013年07月31日

星野リゾートの不動産投資信託

星野リゾートの不動産投資信託が上場され、
なかなかの人気をはくしているようです。

星野リゾートは全国でホテルや旅館を経営されていて、
宿泊客には評判が良いですよね。

その星野リゾートが今後展開するホテル・旅館の費用に使われる原資となるのでしょうから、
星野リゾートが経営するホテルや旅館なら今後伸びるだろうと考える方が多く、
今回の上場に際して購入をされた方が多かったのだと思います。

不動産投信を購入するうえで、
その投信が具体的にどのような不動産へ投資されているのか投資者としてはより具体的に知ることができれば安心ですし、
星野リゾートの場合、星野リゾートがせ経営する現存のホテルや
これからオープンするホテル・旅館をチェックすれば、
投資し続けるべきか解約すべきか判断しやすいですからね。

----------------------------------------------

軽井沢などで高級感のある旅館やスキー場ホテルなどを展開し注目されている星野リゾート系の不動産投資信託が12日、東京証券取引所に上場した。公開価格51万円を11.8%上回る57万円の初値を付けた。ホテル、旅館など観光施設主体の不動産投信は珍しい。

 この不動産投信「星野リゾート・リート投資法人」は、星野リゾート・アセットマネジメントが運用する。上場に当たり同社では「この投資を通じて日本の観光産業で成長を享受できる仕組みを作る」とコメントしている。

 値頃感がある投信として、上場前から人気が出ていた。

(MSN産経ニュース-2013年7月11日)
----------------------------------------------
posted by Mr.投資信託やってます at 14:41 | TrackBack(0) | 不動産投信

2013年07月04日

「金銭信託」が人気

「金銭信託」という商品をご存知でしょうか。

みずほ信託銀行が販売したら、とても人気となり、
3月末で残高が1兆円を超えたのだそうです。

「貯蓄の達人」という商品名で、
リスクが低く、定銀行金よりは利回りが良いということで
預金より利回りが良い金融商品をお探しの方々に人気となっているようです。

投資先は自動車ローンやショッピングローンということで、
配当率は年0.22%(税引き前)で、
定期預金の約倍の利回りとなっているようです。

低リスクで預金より高い利回りであれば、
とお考えの方は「金銭信託」をチェックしてみては。

-------------------------------------------------

 信託銀行が投資家から集めたお金を運用し、利益を分配する「金銭信託」が人気だ。元本保証はないが、比較的安全性が高く、銀行預金より高い利回りが特徴。

みずほ信託銀行の個人向け専用の金銭信託「貯蓄の達人」は好調な売れ行きが続き、3月末で残高が1兆円を超えた。集めた資金は、数多くの自動車ローンやショッピングローンをまとめたファンドなどで運用。ローンの利用者の返済金が収益となり、これを配当として支払う仕組みだ。

(SankeiBiz-2013年7月3日)
-------------------------------------------------
posted by Mr.投資信託やってます at 14:42 | TrackBack(0) | 投資信託全般

2013年06月11日

日本版ISAは「NISA(ニーサ)」

日本版のISAの名称が
「NISA(ニーサ)」と決定したようですね。

少額投資非課税制度である「NISA(ニーサ)」、
投資信託を保有している方は保有先の金融機関から、
既にお知らせのようなものが届いているのでは。

でも、非課税制度だからと言ってすぐに飛びつくのではなく、
制度の内容を良く知ってからにした方が良いです。

まず、一人一口座ですので、
複数の証券会社に口座を持っている方は、
どの金融機関の口座を非課税口座にすれば一番得なのかを考える必要があります。

"平成26〜35年、投資家に毎年100万円の非課税枠が与えられ、最大で同時に500万円(100万円×5年)までの非課税枠を持つことができる。"

ということですので、
例えば、投資信託を長期資産形成の手段として購入している方は、
10年以上の保有となる場合がありますので、
こういう場合は非課税口座に登録する必要はないです。

今後、長期資産形成用投資信託購入の口座と別途に口座を作って、
そちらで株式やETFの購入をしようかなと予定している方は、
そちらの口座を非課税口座にすればいいわけです。

「NISA(ニーサ)」がはじまって金融機関から案内のお知らせが来ても
あせらずじっくり考えて「NISA(ニーサ)」の利用を考えるといいのではと思います。

----------------------------------------------------

来年1月から導入されるのが少額投資非課税制度「NISA(ニーサ)」だ。英国で導入されているISA(Individual Savings Account=個人貯蓄口座)の日本版で、10年間の時限措置。

NISAとは、年100万円までの株式や株式投信などへの投資について、売却益や配当金・分配金が非課税となる制度。平成26〜35年、投資家に毎年100万円の非課税枠が与えられ、最大で同時に500万円(100万円×5年)までの非課税枠を持つことができる。

 日本国内に住む20歳以上の人なら1人1口座、非課税口座をつくることができる。既に口座開設の申し込みを受け付け始めている金融機関もあるが、勘定設定期間(26〜29年、30〜33年、34〜35年)は金融機関の変更はできないため、慎重に選ぶ必要がありそうだ。

 対象商品は上場株式、ETF(上場投資信託)、REIT(不動産投資信託)、公募株式投資信託など。いずれも26年1月以降に新たに投資したものに限られる。

(MSN産経ニュース-2013年6月2日)
---------------------------------------------------
タグ:NISA ISA ニーサ
posted by Mr.投資信託やってます at 15:03 | TrackBack(0) | 投資信託全般

2013年05月18日

「野村日本ブランド株投資(通貨選択型)」新規買い付け一時停止に

「野村日本ブランド株投資(通貨選択型)」、
買い付けが殺到して、一時新規買い付けが一時停止になったそうです。

アベノミクスによる円安、日本株高が進んでいる中、
日本株に投資する投資信託では、
いくつか申し込み停止が起きているようです。

それだけ、個人投資家の投信購入意欲が回復してきたということですが、
円安、株高のペースがちょっと早いのではと思いつつ投資している方も多いのでは。

円安はどこまで進むのか?

エコノミストの方の中には、
リーマンショック以前の1ドル110円前後まで円安になるのではというひとですし、

日本株は年末までに日経平均17000円〜18000円前後までいくのでという見方をする方もいるようです。

ただ、今の株高は、
輸出企業をはじめ業績が回復しているという背景もありますが、
気分で株に投資が集まり株高になっているという一面もあり、
なんらかのちょっとしたマイナス要因で株高が反転しそうな危うさもまだまだ払しょくしきれない感じもありますよね。

----------------------------------------------

野村アセットマネジメントは、運用する株式投資信託「野村日本ブランド株投資(通貨選択型)」の新たな買付け申し込みを5月20日から一時停止する。日本株ファンドに買付けが殺到し、マネーが流入していることを裏付けている。

野村AMのファンドのほかにも、日興アセットマネジメントやJPモルガン・アセット・マネジメントの日本株ファンドでも申し込みが停止されるケースがでている。

「野村日本ブランド株投資(通貨選択型)」は、多通貨で選択ができるシリーズ型の投信で、最初のファンドの設定は2009年4月。昨年11月の安倍政権の発足後にリスクオンの流れが加速し、買付けが殺到した。販売会社は野村証券。

(ロイター-2013年5月17日)
----------------------------------------------
posted by Mr.投資信託やってます at 15:26 | TrackBack(0) | 日本株投信